例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 17日

KEITH HUDSON / Pick A Dub

今日聴いたもの。

d0139736_2133472.jpgKEITH HUDSON / Pick A Dub [LP]
ジャマイカのレゲエシンガー/プロデューサーであるキース・ハドソンのダブアルバム。1974年リリースの盤を英のレゲエ再発レーベルBLOOD&FIRE(昨年倒産)がリイシューした作品。バックはボブ・マーリーのバンドにも参加したアストン・バレット(Ba)とカールトン・バレット(Dr.)のバレット兄弟にアール・チナ・スミス(Gu.)率いるSoul Syndicateでメロディカ奏者のオーガスタス・パブロも参加。レコーディングはキングストンのHarry J Studioでプロデュースはキース・ハドソン本人。ダブのアルバムはみんな同じようって言えば同じようなんですが(笑)、この時代の本場ジャマイカ産のダブは、綺麗になりすぎず今の音みたいにスマートに洗練される前の無骨な音の感触が好きで、いつまで聴いていても飽きさせない感じでいいですね。ジャケットデザインはなかなか手のこんだ細かい作りで、こういうのはLPサイズじゃないとな~と思ってしまいます。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-01-17 02:28


<< Heavy Weight Da...      SYD BARRETT / 帽... >>