例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 16日

HUMPTY DUMPTY / Earth's Haywire Pendulum

今日聴いたもの。

d0139736_2313870.jpgHUMPTY DUMPTY / Earth's Haywire Pendulum [12"ep]
先週東京に来ていましたが仕事で見に行けなかったので久し振りに針を落としてみた。「地球の混乱した振り子」と題された滋賀のハードコアバンドHUMPTY DUMPTYの12"ep。まずジャケがかなりキてる。初めて見たときはなんじゃこりゃと思ったもんです。さらに裏ジャケは、ナチス・ドイツが虐殺したユダヤ人の髪の毛で絨毯を編むために切り取ったアウシュビッツで見つかった人間の髪の毛の写真。スカンジスラッシュとメタリッククラストを混合したようなダークなサウンドは徹底的に冷徹で無慈悲で暴力的。怒りや反抗などの熱いハードコア的なメッセージじゃなくて、果てし無く続く人間の愚行に混乱した世界を表しているドス黒いハードコア。暴力と混沌に塗れた地獄を叩きつけるライブは必見!


d0139736_3171838.jpgDYSTOPIA / The Aftermath... [CD]
先週、悪循環の人にプッシュを受けたのでこれまた久し振りにCDプレイヤーへイン。米カリフォルニアのDYSTOPIA、95年~97年音源集。改めて考えるとDYSTOPIAも独特なバンドだったなあ。シーン的にはなんとなくパワーバイオレンス系のバンドと一緒に活動していたような印象があるんだけど、音はファストでもクラストでもドゥームでもメタルでもなく、それら全てを吸収した怒りと絶望がとぐろを巻く荒廃したサウンドで、息が詰まるほどヘヴィに響いてくる。終末的なアートワークも非常に「嫌」な感じを掻き立てて、バンドのトータルコンセプトにぴったりハマっている。音源的にはなんともう10年以上前のものということで、新しく出たやつも聴いてみたいっすね。そしてこのバンドが実は来日していたという奇跡。見に行けませんでしたが。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-02-16 03:03


<< You are the sun...      EEK-A-MOUSE / W... >>