例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 16日 ( 1 )


2008年 01月 16日

SYD BARRETT / 帽子が笑う・・・不気味に

今日聴いたもの。

d0139736_1204457.jpgSYD BARRETT / The Madcap Laughs [LP]
ピンクフロイドを脱退したシド・バレットの70年リリースのソロ1作目。この辺のバンドとか特別好きなわけじゃないんですが、たまに聴いたり買ったりしてます。ロックというより、アコギ弾き語りのどっちかといえばフォークなアルバム。聞き流してるとそのまますーっと抜けていきそうな曲ばかりでインパクトには欠けるけど、ところどころに覗くアシッドな音作りと全体に漂うダウナー加減に幽玄な浮遊感が加わって図らずともサイケデリックな世界を構築しています。何曲かオッと思わせるけど、世間で評価されてるほどは凄いアルバムとは思えないな。シド・バレットはこの頃になると精神病が悪化してレコーディングも大変だったとかなんとか。その後2ndアルバムを出してからは実家に引きこもり続けてご存知の通り2006年に死去。


d0139736_1531615.jpgSIBYLLE BAIER / Colour Green [LP]
ドイツのシンガー・ソング・ライターであり女優だったシビル・ベイヤーという人が1970年~73年に全くのプライベートでレコーディングした音源が30年以上経過後正式リリースとなったLP。どこか寂しくて悲しげな歌声で延々とアコギを弾き語る根暗すぎるアルバム。あまりに暗いので用途が限定される。田園風景をバックに佇むセピア調の物悲しいジャケットもこの暗く美しい世界に嵌りすぎている。いわゆるアシッド・フォークというジャンルに分類されるんだろうけど、個人的にはこのアルバムにはサイケな感覚ってあんまり感じないかな。ただしめちゃくちゃ落ちていくことはたしか。なお、正確な享年など不明ですがシビル・ベイヤーさんはその後若くしてお亡くなりになっています。


Happy in the summer 0f 69
d0139736_2115220.jpg

[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-01-16 02:13