例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 17日 ( 2 )


2008年 01月 17日

Heavy Weight Dancehall

今日聴いたもの。

d0139736_1432822.jpgV.A / Haul And Pull Up Selecta;Heavy Weight Dancehall 1979-1982 [3LP]
イギリスTROJANからリリースの初期ダンスホール・レゲエのコンピレーション。ジャマイカでは1980年代になると、ボブ・マーリーなどに代表されるルーツ・レゲエから徐々にダンスの場を盛り上げるダンスホール・レゲエに人気がシフトして行きます。そんなダンスホール・レゲエが正に黎明期迎えた79年~82年の音源をコンパイルした3枚組みLP。ジャケットのトースティングするDeeJayの前でビールを片手に楽しむ少年という写真がなんともかっこいい。いま現在ダンスホール・レゲエというとほとんどヒップホップみたいだったり頭の上でタオルまわしたりする音楽に思われがちですが、この頃のダンスホール・レゲエはリズムもゆったりしており演奏もルーツ・レゲエと同じミュージシャンがやっていたりするので、ルーツ・レゲエと同じ感覚ですんなり聴く事が出来ます。シンプルなバックの演奏に、たゆたうシンガーやほのぼとしつつもかっこいいトースティングのDeeJayの声がなんとも心地良くて、こんな音楽で盛り上がってたなんてなんとも粋に感じる。後半にその曲のダブバージョンがくっつくショウケース・スタイルの曲も多く収録されており、実際に当時のサウンド・システムではそういった形でレコードがプレイされていたりしたそうです。収録ミュージシャンはBarrington Levy、Triston Palma、Linval Thompsonなどダンスホール期に人気を博した人たち。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-01-17 23:06
2008年 01月 17日

KEITH HUDSON / Pick A Dub

今日聴いたもの。

d0139736_2133472.jpgKEITH HUDSON / Pick A Dub [LP]
ジャマイカのレゲエシンガー/プロデューサーであるキース・ハドソンのダブアルバム。1974年リリースの盤を英のレゲエ再発レーベルBLOOD&FIRE(昨年倒産)がリイシューした作品。バックはボブ・マーリーのバンドにも参加したアストン・バレット(Ba)とカールトン・バレット(Dr.)のバレット兄弟にアール・チナ・スミス(Gu.)率いるSoul Syndicateでメロディカ奏者のオーガスタス・パブロも参加。レコーディングはキングストンのHarry J Studioでプロデュースはキース・ハドソン本人。ダブのアルバムはみんな同じようって言えば同じようなんですが(笑)、この時代の本場ジャマイカ産のダブは、綺麗になりすぎず今の音みたいにスマートに洗練される前の無骨な音の感触が好きで、いつまで聴いていても飽きさせない感じでいいですね。ジャケットデザインはなかなか手のこんだ細かい作りで、こういうのはLPサイズじゃないとな~と思ってしまいます。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-01-17 02:28