例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 16日 ( 2 )


2008年 02月 16日

You are the sun..., Any time you smile at me.

d0139736_2292271.jpgd0139736_2293553.jpg
d0139736_22122771.jpgd0139736_22123477.jpg

実家から姪たちの写真が送られてきました(甥のはないのか?笑)。赤ん坊の頃から見てるけど子供はすぐ大きくなるなー。実家に帰るといつも遊ぶのですが、やっぱり子供はかわいいです。兄弟はたぶんこれといった趣味も無く淡々と日常を暮らしているかと思いますが、子供がいたらそんな感じでもいいかなーとも思ってみたり。なんか年取ってくると、段々自分だけのために生きているのが虚しくなってくるというか・・・。レコード買ったりライブ行ったりするのはとても楽しいけど、あるときふと虚しく感じることもあるわけなんですよ(笑)。なんか自分のためだけじゃなくて、自分が生きていることが誰かのためになって、それで自分も幸せを感じたいというか・・・。極端な話、海外のどっか貧しい地域で井戸掘ったり、恵まれない子供達の施設で働きたいな~とか漠然と思ったりすることもあるわけなんですよ(笑)。もちろん大多数の人は様々な事情により今すぐそういうことは出来ないわけなんですけど。子供とか出来たら、自分の人生の目的がガラっと変わるだろうし、自分が生活すること自体が子供のためになるわけで・・・それだけで、充足感を得られますよね。正月に帰省したときに家族全員で初詣に行ったんですけど、こういう普通のことが幸せなのかなと。っつか俺に子供は出来るんだろうか?(笑)。人生に迷って実家に帰ることになったら残りの人生は甥や姪のために生きることにします(笑)。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-02-16 23:21
2008年 02月 16日

HUMPTY DUMPTY / Earth's Haywire Pendulum

今日聴いたもの。

d0139736_2313870.jpgHUMPTY DUMPTY / Earth's Haywire Pendulum [12"ep]
先週東京に来ていましたが仕事で見に行けなかったので久し振りに針を落としてみた。「地球の混乱した振り子」と題された滋賀のハードコアバンドHUMPTY DUMPTYの12"ep。まずジャケがかなりキてる。初めて見たときはなんじゃこりゃと思ったもんです。さらに裏ジャケは、ナチス・ドイツが虐殺したユダヤ人の髪の毛で絨毯を編むために切り取ったアウシュビッツで見つかった人間の髪の毛の写真。スカンジスラッシュとメタリッククラストを混合したようなダークなサウンドは徹底的に冷徹で無慈悲で暴力的。怒りや反抗などの熱いハードコア的なメッセージじゃなくて、果てし無く続く人間の愚行に混乱した世界を表しているドス黒いハードコア。暴力と混沌に塗れた地獄を叩きつけるライブは必見!


d0139736_3171838.jpgDYSTOPIA / The Aftermath... [CD]
先週、悪循環の人にプッシュを受けたのでこれまた久し振りにCDプレイヤーへイン。米カリフォルニアのDYSTOPIA、95年~97年音源集。改めて考えるとDYSTOPIAも独特なバンドだったなあ。シーン的にはなんとなくパワーバイオレンス系のバンドと一緒に活動していたような印象があるんだけど、音はファストでもクラストでもドゥームでもメタルでもなく、それら全てを吸収した怒りと絶望がとぐろを巻く荒廃したサウンドで、息が詰まるほどヘヴィに響いてくる。終末的なアートワークも非常に「嫌」な感じを掻き立てて、バンドのトータルコンセプトにぴったりハマっている。音源的にはなんともう10年以上前のものということで、新しく出たやつも聴いてみたいっすね。そしてこのバンドが実は来日していたという奇跡。見に行けませんでしたが。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-02-16 03:03