例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2008年 03月 09日 ( 1 )


2008年 03月 09日

Doom Age Festival Vol.4

d0139736_0465795.jpg
2008/03/09(sun)@渋谷CYCLONE
「Doom Age Festival Vol.4」

OGRE(from USA)
ETERNAL ELYSIUM(from 名古屋)
BLOOD FARMERS(from USA)


夜勤明け、職場で1時間ほど仮眠してから渋谷へ。いつものごとくディスク・ユニオンを軽くパトロール。ジャズ館ではこれといった中古盤が見つからず。新品は良さそうなのがたくさん出ている。SOUL JAZZの新作がかなり気になる。ジャケもかっこいいしね。が、新品は他に買うものがあったので見送る。パンクマーケットで新品CDを2枚購入。一旦帰宅して仮眠。夕方にもそもそと起きだして、西新宿のレゲエのレコ屋、ORANGE STREETへ。目をつけていた重量盤のアナログを2枚(2枚組みx2の4枚)購入。重量盤の新品は高いけど満足。そのまま渋谷サイクロンの「Doom Age Festival Vol.4」へ。

中へ入ると今回来日しているアメリカのORGEが演奏中。3ピースで70'Sタイプのハードロックバンド。ヘヴィでオールドスクールな曲の演奏に、ビールを片手に身を任せているととても気持ちが良い。多いとは言えないお客さんもみな思い思いに楽しんでいるよう。終盤、CHURCH OF MISERYのVo.がゲストで登場し、チャーチのライブの時にも使っている(たぶん)鍵盤がついてる機材をいじりながら演奏に参加するも、途中で音が出なくなって、その後は最後まで音が出なかった・・・。まあいいだろう。次、名古屋から参戦のETERNAL ELYSIUM。こっちも70'sロックの要素あるけど、ORGEよりも歪みまくったサイケ・ロック/ストーナー。相変らず重厚で絡みつくようなグルーヴが素晴しい。ジーザス系男子(親父)であるVo.氏がMCで「みんな来てくれてありがとう。こういうのは来てくれないと続かないから」と言っていた。この手のマイナーなジャンルはマニアや音楽的好奇心のある客に支えられているわけなので、まったくその通りなんだろう。ETERNAL ELYSIUM終了後、物販でBLOOD FARMERSが出演したライブのフライヤー・ポスターを購入。SAINT VITUSのロゴがメインで書いてあるやつだったので。ちょいとしょぼいが300円という値段を考えれば妥当か。最後はメイン・アクト、アメリカのBLOOD FARMERS。片方のギターとドラムがORGEと同じメンバーだった。海外から2つもバンド呼ぶのかーと思っていたらメンバー被ってたんですね。こちらはORGEとは異なる趣向のドゥーム・メタル。BLOOD FARMERSというバンド名は70年代のC級カルト・ホラー映画から取っているそうなんですが、音のほうは特にオカルティックだったりホラーの要素が強いわけではなく、わりとオーソドックスなドゥーム・メタル。ガーっと上がって行く部分はなかったけどこれまたなかなか気持ちよかったです。終盤はまたもやCHURCH OF MISERYのベース氏がゲストで加わり数曲演奏。最後はお約束BLACK SABBATHのカバー。その後はアンコールも1曲あったり、最後にボーカル氏がお客さんの写真撮ったり和やかに終了しました。ORGEもBLOOD FARMERSも、欲を言えばもっと個性的な何かがあればより良かったけど、まあそれはそれで。渋谷で夕食を食し帰宅。家で今日買ったレコードを聴く。

写真を見る
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-03-09 23:59 | ライブ/イベント