例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2008年 04月 18日 ( 1 )


2008年 04月 18日

EARTH & STONE / Kool Roots

今日聴いたもの。

d0139736_2162259.jpgEARTH & STONE / Kool Roots [2LP]
Albert BaileyとClifton Howellのコーラスグループ、「EARTH & STONE」が70年代にジャマイカのChannel One Studioでレコーディングした楽曲を集めたアルバムを英Pressure Soundsがダブ・バージョンを追加して再発した作品。有名なルーツ・レゲエのレビュー・サイト、KOOL ROOTSさんもこのアルバムから名前を取ったようで、ルーツ・レゲエの名作中の名作だそうです。しかしそんな名作もリリースから20年近くたってようやく再発されるというところがレゲエの怖いところ。バックを勤めるRevolutionariesの豊かな演奏にどちらもメインを張れる2人の素晴らしいボーカルと最高のルーツ・レゲエ・アルバムになっています。正に70年代ルーツ・レゲエの真骨頂的なアルバム。やっぱりこういうド真ん中で尚且つ高レベルのアルバムを聴くと、ルーツ最高とか思うわけですよ。アナログは最近見ないので興味のある方は見つけたら即ゲットの方向で。

d0139736_3222223.jpgSOOTHE / 光と影 [CD]
愛知県岡崎市の男性Gu.に女性3人のバンドの5曲入りCD。この前にデモと7インチが出てて、そっちも持ってます。男性Gu.はTomorrowでドラムを叩いていたひと。SEDITIONとかDISSAFECTに影響受けているようなクラスティーなRaging Thrashと日本的なハードコアの感覚をあわせたサウンドに、ちょっとアジアンなエキゾチックなメロディーが加えられてなかなか独特な雰囲気のハードコアやってます。ポリティカルな視点とはまた異なった自分に目を向けよう的(?)な真摯な歌詞も、いまこのタイプの歌詞を歌うバンドは少なくなった気がする。こういうバンドが出てくるのも愛知県ならではという感じがしますね、なんとなく。バンドは残念ながら既に解散していると思われます。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-04-18 02:27