例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2008年 05月 19日 ( 2 )


2008年 05月 19日

TWINCLE BROTHERS / Countrymen

今日聴いたもの。

d0139736_2142514.jpgTHE TWINCLE BROTHERS / Countrymen [LP]
レゲエコーラスグループのTWINCLE BROTHERSが80年にメジャーのVirginからリリースしたアルバム。ルーツレゲエもこの頃になるとメジャーからのリリースも普通になっていて音質も演奏も洗練されてきます。その分、純ジャマイカ産のレゲエに(自分が勝手に)感じる渋さとかは失われがちで、このアルバムも例によってそんな感じであまり渋さを感じることはないんですが、でもその事が楽曲としての魅力を損なうかというとそんな事はなく。後期のボブ・マーリーくらいになると僕にはちょっと厳しいですが、メジャーリリースのレゲエでも勿論レゲエの良さが溢れている作品はたくさんあって、良質なサウンド・プロダクションとしっとりした綺麗なルーツ・レゲエで作品としては素晴らしいものになっているのではと。


d0139736_0565545.jpgGLADIATORS / Sweet So Till [LP]
これも上と同じくVirginから79年にリリースされたルーツ・レゲエ・トリオ、GLADIATORSのアルバム。こちらもメジャー・リリースだけど、レコーディング自体はスタジオも参加ミュージシャンも皆さんジャマイカの方々のようです。オリジナルはなかなかレア盤のようだけど、リイシューされてたみたいで中古で1000円程度でした。ちなみに上のTWINCLE BROTHERSは800円でした・・・。ルーツ・レゲエの黄金期である70年代後半にジャマイカで作られたレゲエアルバムが悪いわけはなく、ルーツ・レゲエのサウンドを表すときによく言うんだけど、ほんと豊かな音が次々と流れて非常に気持ちいいアルバムです。ジャケがなんだかしょーもない感じだけど(笑)レゲエと何か関係あるんだろうか?(いや、ない)GLADIATORSは他にも色々渋いリリースがあるようなので、順次収集して行きたいと思います。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-05-19 21:05
2008年 05月 19日

レゲエが好きでもジャマイカは治安が悪いので行きたくない。

日曜日は先週のタイ・フェスティバルに続いて代々木公園のジャマイカ・フェスティバルへ。かなりの人出でしたが、歩くのも大変だったタイ・フェスティバルよりは混雑してなくてちょうどいい感じでした。お決まりのジャークチキンなどの料理は長蛇の列だったので普通に焼きそばなどを食しながら会場内探索。TAXI-HIFIのサウンドシステムでウェイラーズのスカなんかが流れていて楽しかったです。そして会場の隅っこにはグラスルーツのナチュラルレゲエにお客さんで来ている人なんかも参加しているサウンド・システムが出ていて、ジャパレゲの他にルーツもたくさんかかっていて気持ちよかった。そこで一時間ばかり音を浴びた後にメイン・ステージでランキンさんのライブを見る。その前にFIRE BALLのメンバーがスペシャルゲストで登場して場内は盛り上がっておりました。ランキンさんのライブも楽しかったです。僕はどうもLOVE&PEACEが前面に出た野外イベントのノリにすんなり入れるような性質ではないんですが、まあそれはそれとしてとりあえずイベントを楽しむことは出来ました。

その後は移動して夜ご飯を食べたり。どんな時にDVDで映画を見るか、とかの話になって、自分は特別映画好きでもないので、暇なときに空虚な時間を埋めるためにDVDを借りてみるので、頭を空にする空虚な内容のものを借りる事が多いというのに対し、相手はやっと暇が出来たこの時間を使って何か自分のためになる映画を見たくてDVDを借りる、みたいな話で暇な時間の受け止め方が異なったりでなんとなく興味深かったです。最近ベンジーの歌が好きなので(昔から好きだけど)、JUDEのCDを2枚借りて帰宅。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-05-19 03:03