例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2008年 09月 21日 ( 1 )


2008年 09月 21日

ICE PICK '08

日曜日。

d0139736_2343985.jpg

2008/09/21(sun)@新大久保EARTHDOM
「ICE PICK '08」

琥動
GRUESOME
FORWARD
BEYONDS
HUMPTY DUMPTY
壬生狼
鐵槌


今年もICE PICKへ。今年は2daysで、その2日目へ参加。いつものように巨大な日の丸がステージ後ろに掲げられる中でライブスタート。 一番目、琥動。ボーカル氏が上下迷彩服のコンバットスタイルで楽曲も鐵槌に代表されるジャパスキン・スタイルで気合のライブ。かなりかっこよくて音源が欲しくなった。 次は当初の予定にはなかった大阪のGRUESOME。ドラムはなんとIRON FIST辰嶋氏。急遽ライブが決まったためか短いライブだったけど、それでもストロングな音塊を叩きつけて去っていきました。ギター氏は鐵鎚のオリジナルメンバーの人だったという話。 3番目、FORWARD。もう普通のバンドとは場数が違いすぎる、貫禄としかいいようのないサウンドで圧倒的。さすがです。ICE PICKという場でも盛り上がってました。 4番目はBEYONDS。去年ロッキンジャパンフェスにも出たBEYONDSです。このライブにBEYONDSって凄いですな。でもBEYONDSも結成はだいぶ古いので、やっぱりどこかで交流があったんでしょうか。ボーカル氏はMCでICE PICKはずっと好きなライブだったと言ってましたが・・・メロディック・ハードコアを消化した独自のロック・サウンドは決して悪くなかったけど、さすがにこのライブはアウェイ過ぎてほとんど客の反応は無く、ちょっとかわいそうだった。MCで「紆余曲折を得て・・・」と言ったのが「紆余曲折」が一瞬「右翼」に聞こえてドキっとした(笑)。そしていよいよ滋賀のHUMPTY DUMPTY。ボーカルのトンビ氏はどうやら怪我をしたようで、右腕を骨折したままの状態でステージに立つ。今年は何度か東京にも来てくれたが毎回仕事の都合で見にいけず、ひさしぶりに彼らのライブを見る。演奏が始まると、冷徹に刻むギターとブラスト一歩手前の高速ビートを無機質に叩き続けるドラム、断末魔のうめき声のごとく絶叫するボーカルがやっぱり凄すぎて尋常じゃない。ステージでライブがどんどん加速するにつれて熱くじゃなくて背筋が寒くなってくるという異常な事態(笑)。マジで暗黒空間。最後の曲中、ボーカルのトンビ氏が片腕でマイクスタンドを首に担ぎ上げステージで2~3回まわったと思ったらその遠心力を利用して客に向かって放り投げる。次は北海道の壬生狼。先ほどのHUMPTY DUMPTYとはガラリと変わって場を和ませるMCとキャッチーでシンガロングな曲でみんな楽しそうなライブ。 そして最後は鐵槌。強靭無比としか言いようが無いサウンドと凄すぎるボーカルの声。いきなりあの超名曲からスタートして即死。凄すぎる・・・・。富士そば食って高円寺に戻って軽く一杯飲んで帰宅。

個人的にジャパ・スキンのシーンは名の知れたバンドを中心にちょくちょくチェックしてたんだけど、最近はあまり音源を買うこともなく・・・ライブもだいたい鐵槌が出るときしかいかないし。しかし今回のCE PICKを機に、もう少しちゃんとチェキっていくことにします。とりあえずまずはSTRONG STYLEの新作を買わねば。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-09-21 03:09 | ライブ/イベント