例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2009年 08月 17日 ( 2 )


2009年 08月 17日

Subliminal Magazine Mind Control

土曜日、EXTREME NOISE TERRORのライブから帰宅後、夜勤勤務明けでライブに行ったため38時間ほど寝ていない状態だったので、ライブの疲れもあり披露はピークに。深夜12時前に泥寝・・・。

日曜日。午前4時起床。外はまだ薄暗い。そそくさと外出の準備をし、始発で高円寺駅を出発。05:30頃に大崎駅でgomoraさんと合流。大崎駅のりんかい線ホームは既に人で溢れかえっている。05:40発のりんかい線始発で目的地へ向けて出発。行き先は国際展示場。そう、世界最大の屋内即売会イベント、「コミケ」へ・・・。

りんかい線で大崎を出て数駅ですぐに車内はオタ達で通勤ラッシュ以上の混雑になる。幸い一番端に立ったおかげで前後左右をオタに囲まれるという事態は避けられたものの、この混雑っぷりはマジできつい。そして目的地の一駅前でトラブル発生、車両点検のために電車が駅でストップ(笑)。オタ達の熱気が充満した電車内はかなりの暑さで、辛い。自分の前のオタが目を閉じて心を閉ざしこの自体が過ぎ去るのをじっと待っているのはいいんだけど、汗くらい拭けや!お前の汗がリュックに垂れてきて汚いんだよ!

20分ほど立ち往生し、ようやく電車が動き出し目的の駅へ到着。オタ達が一気にホームへなだれ出す。「走らないでください!」の駅員の怒号。駅を出るとすでに人でいっぱいで、駅前では多くの人が待ち合わせをしている。人の流れに乗って会場方面へ歩いていく。徹夜組で1万人以上いるそうで、いったいどれくらいの人たちが既に待機しているのか検討もつかない。どんどん歩いていくと係員の誘導が始まり、うまく人々をブロックごとに分けて待機させる。誘導も手馴れたものだ。実際、これだけの人数が集まるイベントなので、きちんとした人員整理は必須だろう。

会場は10時からなので、これから3時間ほどその場で待機することになる。この間は列を離れてもまた自由に戻ってこれるので、それまでにトイレやその他諸々を済ませておく必要がある。列が動き出してからトイレに行きたくなっても、そのときはもう戻れない。待機時間の間に、gomoraさんに並ぶべきサークルの場所などを指示される。とりあえず会場内の図を見せられ、なんとか位置関係などを把握。

コミケの注意事項として、まずこの待機時間に注意しなければならない。早朝とはいえ夏の盛りに炎天下で何時間も待機するため、暑さ対策や日焼け対策は必須。幸い、位置的に近くのホテルが直射日光を遮り、しばらくは日陰になる位置で待機できたのは良かった。そのほか、職場のコミケ経験者からのアドバイスで凍らせたペットボトルを2本とタオルを持ってきたのも大いに役に立った。08:45分頃から民族大移動さながらに人の移動が始まり、09:30頃に自分達の列も移動。

奥の建物を目指し、民族大移動が始まる。
d0139736_180842.jpg

ぞろぞろと誘導されながら、国際展示場方面へ。会場前につき、またしばらく待機。しばらくすると10時の会場時間を向かえる。ここで一斉に皆が拍手(笑)。自分のイメージだと、会場と同時にオタ達がわれ先に目当ての場所に群がるイメージがあったが、幾つか分かれている会場へ向かうのはあくまで係りの誘導に沿って。走ろうものなら、かなり強く怒られるようだ。確かにこの人数で皆が走り出したら絶対に死人が出る。参加者もそこらへんは心得ているようで、決して走らず、しかしなるべく速く目的地へ向かいたいために、自然と速歩きになり、まるで競歩大会のようになる(笑)。

そのままgomoraさんと会場入りし、西館内に入ったところで別々に行動し、まずはgomoraさんから指示されたブースへ同人誌を買いに。最初はすんなりゲット、次のブースが結構な行列でそこへ並ぶことに。しばらく並んでいると一通り買い物を終えたgomoraさんが現れ、次回待ち合わせる時間と場所を指定し、再び別行動。1時間ほど並んで、このブースでも同人誌をゲット。しかしいくつか売切れのものがあり、「○○売り切れましたー」との声に「マジかよ・・・」と周りのオタが落胆の呟きを見せていた。

合流までまだしばらく時間があるので、屋外のコスプレ広場にでも行ってみる(笑)。綾波のコスプレくらいしかわからなかったな。意外と盛り上がってなかったが、後から聞いた話ではコスプレが盛り上がるのはお昼過ぎとのこと。その後、西館の企業ブースで職場の人に頼まれていた冊子をゲット。お昼過ぎにgomoraさんと合流。エロ同人誌が集まる魔窟となる東館へ向かっていたgomoraさんは人が多すぎて遅れて到着。その話を聞き、他に職場の人に頼まれていた同人誌は東館に売っていたのでそっちはあきらめることにする。こうして初のコミケ体験はなんとか終えることができたが・・・gomoraさん曰く、東に行かなければコミケに行ったことにはならない、とのお言葉。

きっとこんなんだったんだろうな~。
d0139736_18162641.jpg

そんなわけで魔窟によらなかったため、予想よりあっさりとコミケは終了。その後、蔵前のgomora邸へ移動し、しばしの休憩。本日の戦利品を並べたり、業が深すぎるgomora邸の数々のオタアイテムを眺めたりして過ごす。

本日の戦利品。エロは1冊のみ。
d0139736_1820310.jpg
d0139736_18201064.jpg
しかしやはりなんだかんだで疲れた。

その後は下北沢へ移動。下北沢のタイ料理屋で8月から東京へ転勤になったgomoraさんの歓迎会を執り行う。結果的には多くの方々に参加してもらいありがとうございました。その後にライブ見に行く筈だったが、例に寄ってアルコールが入り多くの参加者がめんどくさそうになったのでそのまま飲み続け最後は下北のユニオンへレコード漁りに行って終了(笑)。お疲れ様でした。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-08-17 17:43
2009年 08月 17日

究極ノイズの恐怖!?

とは、トイズファクトリーから出ていたEXTREME NOISE TERRORの日本盤「レトロビューション」の帯に書かれていた文句ですが、僕が初めて買ったENTのアルバムはHolocaust in Your Headじゃなくて、こっちのEARACEHから出ていたほうなんですよね。たしか高校生くらいじゃなかったかなあ。当時EARACHEの日本盤を集めていた流れで買ったので、その頃はクラストコアなんて言葉もよく知らなかったし、たぶん解説を読んでこのバンドはハードコアなんだなぁくらいにしか思ってなかったような・・・。なにぶん15年くらい前のことなんでよく覚えてないけど(笑)。ただ、歌詞の日本語訳がついていたんで、ENTが初めてちゃんと読んだ「ハードコア・パンクの歌詞」だったと思う。ご存知の通り、当時EARACHEはほぼデスメタルレーベルだったので、他と明らかに違うこの歌詞は偉く印象に残った記憶がある。「イギリスでは毎年450万頭もの動物がテメエの口から入ってケツからでるためだけに殺されている!」とか「9時から5時が俺の心を壊す、やすりにかけられ削られていく」(だっけ?)とかね(笑)。

さて。

そんなENTが18年ぶりの来日っつーことで土曜はリキッドルームに行って来ました。

d0139736_1538297.jpg
九狼吽(from 名古屋)
KRIEGSHOG
SYSTEMATIC DEATH(from 横浜)
WORLD BURNS TO DEATH(from U.S.A)
鉄アレイ
SLANG(from 札幌)
EXTREME NOISE TERROR(from U.K)


対バンもいいバンドがたくさん出たんですが、夜勤明けで全く寝ないでいったため、途中意識が朦朧とし、いつの間にかバンドが終わってたり・・・(汗)。ひとりで行ったんですが、けっこうお久しぶりな人々とも何人か合いました。しかし、お客さんが思ってたより少なめで、前半は若干盛り上がりに欠けていたような。少な目といっても普通のライブハウスレベルなら満員になるくらいはいたけど。でも以前にガーゼやシステマがリキッドでやったときは最初からたくさんお客さん入ってたんだけどな~。

そんなこんなでENTは最後に登場!正直最近の音源は全然買ってないんだけど、まずディーンの登場でその変わらないワルなパンクスぶりに気持ちがあがった。フィルのほうはすっかり禿げて普通のおじさんだったけど(笑)。さすがにここではお客さんも演奏前からヒートアップ。最初の曲がHolocaust in Your Headの1曲目、例の「ジャーン、ジャジャーン♪」っていうイントロが始まるわけですよ!これには誰もが興奮したことでしょう。そしてディーンが歌うときにマイク持ちながら体をゆらゆら揺らすんだけど、その揺れ方が89年のライブビデオ「From One Extreme To Another」で観られる揺れ方と同じや~、と変なところで感動(笑)。ディーン、フィルのツインボーカルも聞き慣れたあのダミ声で、さすが「ENTタイプ」という音楽を完成させたオリジネイターだけあって、やっぱりどんな「ENTタイプ」のバンドよりも様になってる。ノイジーな演奏も強力で、懐かしい聞き覚えのある曲から最近のグラインド風味な曲もみんなかっこよかったわ~。ディーンはライブ中ビールを飲みまくりで終始笑顔。その笑顔がまたどっか緩くてヤク中みたいな感じでよかった(笑)。やっぱりライブ自体に加えて、昔と変わらないディーンのかっこよさに痺れましたね~ちゃんとクラストズボン履いてたし(笑)。唯一の心残りはMurderをやらなかったことだけど、きっと今はベジタリアンじゃないからなんだろうな~(笑)。

EXTREME NOISE TERROR *クリックで拡大。
d0139736_1662939.jpg
d0139736_1663743.jpg

[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-08-17 16:06