例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2011年 02月 13日 ( 1 )


2011年 02月 13日

in 辺境

Sublime Frequencies
Finders Keepers Records

最近マイブームの辺境音楽で注目のレーベル、米のSublime Frequenciesと英のFinders Keepers Records。Sublime FrequenciesはSUN CITY GIRLSという割と名の知れたロック・バンドのメンバーが、趣味の民族音楽収集の延長で始めた(?)かなり業の深そうなレーベル。両レーベルのリリースはまだまだ全然聴けてないんだけど、辺境レアグルーブを追いかける上ではチェックの必要ありかと。

d0139736_22575744.jpg
V.A / Saigon Rock & Soul -Vietnames Classic Tracks 1968-1974-
これはSublime Frequenciesからリリースされたブツで、ベトナム戦争が激化の一途を辿る60年代から70年台にベトナムで活動していたミュージシャンやシンガーの音源を集めたコンピレーション。いきなり辺境物ここに極まれりという堂々とした佇まい・・・のように思える。内容はベトナム戦争下、米兵が聴くためのラジオから流れる西洋のロックやソウルに影響を受け(*注:たんなる予想)、それを自国の歌謡曲の持つオリエンタルな音とせーのでごった煮にしたような荒々しいガレージ/ファンク/ソウルに天然サイケなサウンドで正に唯一無二。ジャケの眼鏡のねーちゃんはかっこよすぎだし裏ジャケのねーちゃんはヒッピーみたいだし悲惨な戦争の最中でもこんな音楽が生まれていたんすなー。現時点ではアナログでしかリリースされていないというのもなんとも。かなり強烈。


d0139736_21262525.jpg
V.A / The Sound Of Wonder!
そしてこちらはFinders Keepersのリリース。前回記事のCHRIS MENISTさんが選曲に携わっている、70年代くらいにパキスタンで製作されていた映画のサントラ集。もちろんどれもこれも日本で見ることは不可能なように思える全くわけのわからない映画ばかり・・・。でもインド映画のことをボリウッドと呼ぶようにパキスタン産の映画はLollywood(ロリウッド?)なんて呼び名があるらしいので好事家の間じゃ有名なんだろうか?ともかく音はこれまた独自のポップ&ファンキーさを持ったオリエンタルとかエキゾとかいう言葉しか思い浮かばないようなサウンド。やっぱパキスタンの映画もインド映画みたいに大勢で踊る感じのミュージカル(?)みたいな映画なんだろうか?ジャケとかわけわからんもんな。まぁインドの映画も観たことないけど(笑)。完全にB級なんだけど、そこがまたA級品にはない独自の味わいがあり・・・ってか辺境音楽って、そういうB級感含めた魅力なんだけども。


まだまだあんまり買えてませんが、最近はもっぱらこんなのとかも聴いてたりな感じで。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2011-02-13 23:28