例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

2011年 11月 20日 ( 1 )


2011年 11月 20日

福島へ。

またまた久しぶりの更新です。相変わらずTwitterばかりですがブログもやめたわけじゃありません。先週、震災以降原発事故で揺れる福島県へ行って来たのでまたもや覚書として。7月にボランティアへ行った時も、勿論微力ながら被災地に何らかの助けをしたいという気持ちもあったけど、その他に国難と呼べるほどの被害をもたらしたこの国を襲った震災の現場をこの目で見たいという気持ちも大きくて。

僕は福島の原発事故以降、この国や巨大な権力のシステムとなった電力会社がどれだけ腐っているか嫌というほど見せ付けられ、いまなお危険に晒されている多くの人たちがいる現状とこれだけの大事故を起こしながら改められる気配のない原子力政策に怒りを覚えて、何か声を挙げて行きたいと思い、原発反対のデモなどにもなるべく参加したりして来ました。福島県は母親の実家で子供の頃は毎年夏になると遊びに行くのが恒例だった。絵に描いたようなのんびりした田舎で、山々が連なる美しい日本の風景。今ではその風景に目に見えない放射能が降り注ぎ、子供の頃に見た風景と見た目は変わらなくてもそこがまったく違う場所になってしまったことを考えると、本当に怒りが沸いてくる。自分の地元も福島の上にある宮城県で、かわいがっている小さな子供も住んでいる。もちろん東京だって汚染されているし、食品の放射能汚染はそれこそ全国規模の問題だ。決して他人事じゃない。他人事じゃない、が、あまりに日常通りの東京の風景、相変わらずテレビで垂れ流され続けるバラエティやグルメ番組をみてると、そのことを忘れそうになる。だから一度、機会があれば原発の被災地へ行って、一体そこがどういう場所なのか、この目で見たいという思いがあった。

そんなときに消毒GIGがいわきで開催されるというので、これこそいい機会だと思い、福島へ行くことに。いわきまでは高速バスで行ったんだけど、東京駅から30分置きに高速バスが出ていてびっくりした。そんなに需要あるんだね~。先週土曜日、バスでいわき市へ。いわき駅のすぐ近くにあるクラブソニックというライブハウスで消毒GIG。ついてみるとGAUZEとTOTAL FURYの他に80年代に横浜で活動してたS.V.Sが今晩限りの再結成。

d0139736_12144936.jpg
ライブハウス前に制服の女子高生がたくさんいるな〜と思ったら今はいわき市で中学教師をしているS.V.Sボーカル氏の元教え子達で先生のライブを観に来たという(女子高生に話しかけて聞いた笑)。ライブは20数年ぶりとの事。なんともいい話。ちなみにS.V.Sボーカル氏はどこの中学にも一人はいるヤクザみたいな風体の教師でおまけに柔道部顧問でした(笑)。震災でその中学校も被災し、避難所となり、ガーゼは東京のライブでTシャツを売ったお金を義援金としていわきに届けたりしていました。ライブが始まりトップはそのS.V.S。さすがにブランク長いだけあって5曲くらいで死にそうになって歌ってましたがいかにも80年代日本ハードコアな曲でかっこよかったです。ラストの曲は、子供達に線量計が配られてるけどそれで一体何を調べるっていうんだ?のMCと共に、DEAD KENNEDYSのHoliday In Cambodiaの日本語カバー。サビで「かわいそうな子供たち、愚かな大人たち」と叫び歌う。S.V.S終了で高校生たち帰っちゃったの残念だけど(そりゃそうか)、続くTOTAL FURYはキレキレのステージで久々観たけど最高でした。ホカリさん相変わらずハイテンション。今のメンバーでアルバムとか出ないかなー。ガーゼはほぼノンストップでたぶん40曲くらいやったと思う。考えてみると超人的だよな(笑)。シンさんもいつになくテンション高くてちょっと怖いくらい。やっぱり凄いです。福島パンクスも盛り上がってた。でも実は東京でみる顔が結構いたし宮城とかの県外からの人もかなりいたと思う。

ライブ終了後、今夜の宿となる友達が住む南相馬市を目指すわけなんだけど、国道6号が原発20km圏内になり途中で封鎖されているので迂回ルートで。実は通行証があったのでもしかしたら通れたかもしれないけど、夜中になるしあんま宜しくないよねってことで。最近窃盗のニュースとかもあったし。

d0139736_1233775.jpg
これが立ち入り禁止区域に進入可能な通行証。もちろん原発作業時以外は使用しません。

で、高速を使って北上して一番近いと思われるインターで降りて山越え。沿岸部に沿って走る6号線が使えないと下から南相馬に行くにはどうしても横から山を超えるしかないので、いま南相馬市の人は凄く不便だと思う。ルートはあれやこれやナビをいじってたら、確か国道399号を通るルートになったと思う。399号線は今回の事故で一気に有名になってしまった浪江町や飯舘村を通るルートで、特に山の中は放射線量が高いて話だったのでガイガーカウンターをチェックしながら走行。途中警察車両も目撃したけど特に何もなく。ある地点からガイガーカウンターの数値がそれまでだいたい0.1μSv/h台だったのが0.5μSv/h〜0.6μSv/hになって、だんだん数値が上がってきたねなんて話を車内で。そして、運転代わろうかなんつって山道で車を停めてドアを開けたら、その途端に数値が一気に2μSv/hを超える(T_T)。これにはさすがに一同びっくり。考えてみたら当たり前なんだけど(笑)。中国産のガイガーカウンターなんだけど、数値の真偽はともかく、高い低いは結構感度よく出るのね、なんて感心しました・・・(T_T)。そこから数字はどんどん上がって2.5μSv/hを超えたところでガイガーカウンターがピーピー鳴り出した。最高13μSv/hまで記録。ナビを見るとNHKの番組で超ホットスポットとして出てた赤宇木の文字・・・。

d0139736_12511258.jpg
まさか自分の人生でガイガーカウンターを使うとは、それが映画みたいに閾値超えてピーピー鳴り出すとは震災前は夢にも思わなかった。

たまにニュースで地面とか植え込みでホットスポットが、とやってるときがあるけど、この場所は全体の空間線量でこれですからね。しかも車内でこの数値。外はどんだけなんだよ・・・当然、地面や木の根元はもっと高いんでしょう・・・。はっきり言って立ち入り禁止にしなきゃいけないくらいだと思うんだけど、そうなってないのはたぶん飯舘村や南相馬市へ抜けるルートがかなり限定されちゃうからなんだろうなぁ・・・。

霧のかかる夜中の山道で一見何も変わらない光景のままガイガーカウンターだけがピーピー鳴ってる様は全くリアリティがなくてなんとも言えない嫌な気分になった。NHKの番組でみたとおり周りが植物に囲まれてる場所ほど数値が上がってた。人間の心理は怖いもので、10μSv/hだったのが4μSv/hとかに下がって少し安心したり(T_T)。全然安全な数値じゃないんだけどね。飯舘村が20年後までに森林まで除染するなんてニュースをみたけど、あんなところどうやって除染するんだろう。木を全部切り倒す?でもその木はどこに持って行くのか。そもそも車内であれだけの数値になる場所、作業する人が危ない気が・・・。

飯舘村の住宅地に出てからは数値は2μSv/h〜4μSv/h台くらいに安定。でもこれも車内で、ですからね・・・全村民避難で誰もいないので、2台くらい巡回の車を目撃した。この高線量のなか、毎日一晩中巡回するのか・・・。そしてなんとか無事、南相馬市の友達の住む家に到着。そこは山間で南相馬市の中でも比較的線量は高い。実際部屋の中で0.4μSv/h〜0.5μSv/hありました。その家も元々の住人は避難してて、空き家をボランティアの人に提供しているとのこと。ネットの情報でチェルノブイリでは0.4μSv/hの村は廃村・・・なんて記事を目にしたが・・・。避難してる人もいるとはいえ、友達含めまだそこに普通に人が住んでますからね(T_T)。その日は夜も遅く疲れきっていたのですぐに寝ました。

日曜日は起床後、まず社会福祉協会かなんかでボランティアの手続き。南相馬市はもう単発のボランティアとかはあんまりやる事ないみたいなんだけど、施設の人が登録だけでもしていってください、と言うので。ちなみに登録だけすればボランティア保険が効くので、したほうがいいみたいです。その後は仮設住宅の集会場へ友達を送っていって、お昼まで南相馬市を探索する。20km圏内の検問や沿岸部などに立ち寄ってみる。まず、イメージと違ったのは、検問している場所でも拍子抜けするほど空間線量が低い。若干高いのかもしれないけど高円寺と大して変わらない数値だった(素人が中国産のガイガーカウンターを使用しての感想なので話半分に思っといてください)。沿岸部近くは全体的に低かった。0.1前後。検問してる警官とか大丈夫なの?って思ってたけどまぁ大丈夫そうです。近くのコンビニも普通に営業してて検問の警官が買い物してた。群馬県警だった。ただし検問抜けて6号を南下すると原発見えるくらいの場所も通るので、その辺は凄まじく高いみたいです。

あとは津波の被害地などに立ち寄って散歩に来てた避難所で暮らす91歳のおじいさんと立ち話したり。そして仮設住宅の集会場で軽作業など。集会場では東京から来たヨガの先生が周辺のお母さんたちにヨガを教えてたみたいです。

d0139736_1326377.jpg
原発20km圏内への立ち入り禁止の検問。

d0139736_13281788.jpg
壊れた堤防で。

d0139736_141331.jpg
福島第一原発30km圏内の瓦礫。表面上は少し高いくらいの値だったが・・・。

d0139736_13285367.jpg
仮設住宅前で。被ってるのは南相馬市復興支援ボランティアキャップ(笑)。

そうこうしてるうちに早々に帰る時間になったので、友達に原ノ町駅まで送ってもらいました。原ノ町駅からはバスで福島市へ。福島市へ行くにはどうしても山を越えなきゃいけないので、たぶんまた線量高めだったと思います。たぶん霊山町という場所を通ったと思うけど、あとでネットで調べたら飯舘村よりは放射線量は低くて人も普通に住んでる。もちろん、低いといっても1μSv/hとか2μSv/hで十分高いんだけど・・・。そんな感じで福島駅からバスで帰ってきました。福島市や途中の郡山は山の中の高線量がウソみたいに平穏そのもので全く日常の風景だった。しかし福島市も郡山市も放射能汚染は決して軽微なものではない。これは本当に復興なのか?もちろん福島や郡山からいますぐ全市民を避難させろと言うつもりはない。しかし本当に安全なのかは誰にもわからない。誰にもわからないまま、復興の名の下に変わらない日常は続き、放射能が降り注いだ場所で平気で駅伝が開催されたりする。福島は危険だと言う事は果たして差別や風評被害なのか?復興の邪魔になることなのか?じゃぁ安全だという根拠はなに?正解は誰にもわからないけど、少なくとも現時点でわからなければ、政府はできるだけ最悪の事態を想定して避難の保証や食品の検査を行なうのが筋じゃないのか?

東京に戻って、震災前と全く何も変わらない日常の風景と、福島の山道でウソみたいにガイガーカウンターの数値だけが冷徹に上がり続けたギャップに、しばらく何もやる気が起きなかった。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2011-11-20 13:54