例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Havoc( 3 )


2008年 04月 29日

ハードコアとは何か?Vol.3

今回も引き続き、84年以降のシーンがいかに下降しているかについて書きたい。この10年程の間にバンド、レコード、ファンジンの数は飛躍的に増加している。だかその質は明らかに低下している。

俺はDIY精神の信奉者だ。パンク・バンドは可能な限り自分達の手で作品を作り上げるべきだと思う。曲作り、録音、プロダクション、パッケージングなどすべてが、そのバンドの創造性とメッセージを反映したものであるべきなのだ。だがDIY=カスというのも、今ではよくあることだ。以前MRR誌上で”DIYはクオリティコントロール・コントロールの死と同義語だ”と評された。Bob Surenはコラムでこう書いた。”デモ・テープの衰退はそのままカスのような7"の大量発生につながった”。つまり、誰もがレコードをリリース出来る様になったのは素晴らしいことだが、問題なのは誰もが実行し始めたことなのだ。録音も悪けりゃジャケもコピーの手抜き7"が、各地のレコード屋のバーゲン・コーナーに大量に放り込まれてる。

DIYムーブメントは大企業による寡占状態を打ち破るための闘争であるべきだと思う。大企業が作ったものより音もパッケージも優れていて、経済的にも審美的にも納得出来るものを作り出すことを、もっと真剣に考えるべきなのだ。手抜きコラージュのジャケットにはもうウンザリだ。歌詞カードはないくせにステッカーとバッヂが付いてるなんて、どっかおかしい。俺はエモ・ファンじゃないが、ハンド・プリントで色違いとか、エモ系バンドはジャケに気を使ってるところは大いに賞賛したい。個人的な意見としては、現在高水準のパッケージでレコードをリリースしているのは、PusheadのFan ClubリリースとSkull Recsだと思う。

フル・アルバムについても言っておきたい。捨て曲ばかりの水増しで、これなら7"で出した方がいいっていうのが多すぎる。量だけあって質が伴わないというヤツだ。コンピレーション・レコードも問題だ。昔はComp.が大きな意味を持っていて、参加バンドにとっては注目を集める大きなチャンスだったから、自分達のベスト・トラックを提供してた。「WELCOME TO 1984」、「P.E.A.C.E」、「FLEX YOUR HEAD」、「LET THEM EAT JELLY BEANS」、「THIS IS BOSTON NOT L.A」、「NY HARDCORE THE WAY IT IS」など、いずれも傑作だと思う。でも今じゃみんな捨て曲をComp.に提供する。全曲カッコいいComp.なんて滅多に見つからない。たった1曲か2曲のためにComp.を買うっていう調子だ。

スプリット7"に対しても複雑な心境だ。バンドのスピリットとメッセージをきちんと表現するには、どうしても中途半端なサイズなのだ。安上がりだし、レコードを出すという目的を果たすことはできるが、単独7"と比較すると圧倒的にインパクトに欠ける。さらにトリビュート・アルバム/カバー・アルバムも勘弁してほしい。確かにエンターテイメント性はあるが、自分のフェイバリット・レコードに何枚のトリビュート・アルバムが入ってる?俺はパスする。あと、CDクソくらえ!レコードで出さないんだったら、出すのやめちまえ。CDがどんなにいいかってことを俺に説明しようと思うな。今後も絶対にCDは聴かないから。ハードコアの基本は7"だ。短くて簡潔で単刀直入。これこそクールってもんだ。

最近俺がウンザリしてるのは”クラスト”っていうレッテルだ。音楽的に俺がクラストだと思うのは、全盛期のDEVIATED INSTINCTとHELLBASTARDだけだ。今ならHIATUSとDOOMってとこか。かつて”クラスト・ミュージック”と呼ばれていたものと、今”クラスティ”・ライフ・スタイルと呼ばれているものの間には、天と地ほどの開きがある。ファスト・ポリティカル・ハードコア・バンドが”クラスト”というレッテルを貼られるのは我慢出来ない。ここ数年俺はクラスティ・ライフ・スタイルとそれを実行する奴らから距離を置いてきた。社会の主流から外れたところで生きて行くのは、自由な精神の持ち主にとっては魅力的だ。個性的で素晴らしい奴もいる。だが同時にそれは典型的アル中ジャンキー・ルーザー共をも魅了するライフ・スタイルだ。じっと座ってだけで、失業保険でドラッグとモルト・リカー買うことしか考えてない。そのくせシーンで建設的ばことをしようとする人間を”キャピタリスト”とか”ファシスト”呼ばわりする奴らは、反逆心なんか持っちゃいない。"コルト45"の12本パック片手に入場料3ドルのショウにやって来て、”金ないんだ”と言うから中に入れてやったら、酔っ払って大暴れ。スキンヘッズより始末が悪い。もつれた長髪、パッチ付けた汚い服、ハード・ドラッグス、社会の落伍者。悪いけどオマエらヒッピーと一緒だぜ。グレートフル・デッドのケツでも追っかけてろ。

クソみたいなロック/ポップ・ミュージックが”パンク”という名で、しかもそれをマーケティングのポイントにして売られている昨今だが、80年代後半にはパンクというだけでなかなかライブをやらせて貰えなかったことを思うと、苦笑いせざるを得ない。今じゃ先週初めてMTVでRANCIDを観たような奴らが、”俺たちもパンクやろうぜ!EpitaphとかFat Wreckみたいなヤツ”などとほざいてる。小僧共には悪いが、最近のEpitaphやFat、LookoutやWarnerのリリースはパンクでもなんでもないぜ。こういうレーベルや、DischordやRevelationなんかが最近リリースしたパンク・バンドと、1984年にリリースされたハードコアのレコードを比べてみればいい。そこには共通点など何もない。こんな魂入ってないクズは断じてパンク・ロックじゃない。パンクをルーツにした最近のポーザー・バンドも頭に来るが、最悪なのはそういうエセ・パンクしか聴かないでスタートしたバンドだ。政治的な姿勢とエナジーが既に失われつつあるのに、このままじゃシーンは体育会系のバカ共が引き起こす暴力沙汰と、大企業の便利な受け皿になっちまう。MTVパンクスがいつの日かパンク本来のアイディアとスタイルに目覚めてくれることを祈るばかりだ。それに何よりも頭にくるのはRANCIDだ。意味のない三流のCLASHのパクリ音楽を大衆に売りつけるために、ハードコア・パンクのスタイル(スパイキー・ヘア、鋲ジャン、モヒカン、コンバット・ブーツ)を使いやがった。本来の自分とは違うものになりたがる奴ら。昔、N.O.T.Aがこう歌った。”Stole from punk what you could use,gonna be a war you're gonna lose”(パンクから使えるものをパクったら、勝ち目のない戦争に突入することになるぜ)。バットをよこせ。俺がブチのめしてやる。

DOLL誌1996年6月号に掲載された「ハードコアとは何か?VOL.3」より転載。(HeartAttaCk' zine #9に掲載されたコラムの和訳。原題はThe End Of Civilization As We Know It.著者はバンドDESTROY!、CODE13、DAMAGE DEPOSITなどでシンガーを勤めたFelix Von Havoc。)


Havoc先生のコラム3回目。今回も敵を作れどんどん作れな調子で歯切れよく進んでいますね。クラスト・バッシングしてますが、アメリカのクラスティーズは本当にボロボロのホームレスみたいな格好で文中にあるようにアルコールやドラッグで堕落した人間が多いとかなんとか聞いたことあります。勤勉な労働者からオシャレな若者まで混じる日本のクラストとは若干事情が違うようです。それにしても最後の「バットをよこせ。俺がブチのめしてやる。」は名パンチライン。

関連記事
ハードコアとは何か?Vol.2
ハードコアとは何か?Vol.1
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-04-29 17:41 | Havoc
2008年 03月 20日

ハードコアとは何か?Vol.2

前号で俺は、パンク/ハードコア・シーンの怒りとエナジーはどこへ行っちまったのか?と問いかけたが、今回俺はこう言いたい。”ストレイト・エッジには一体何が起こっちまったのか?”。

ストレイト・エッジは79年から80年頃に始まった。自らストレイト・エッジを名乗り、退廃的なパンク・シーンに警鐘を鳴らし、節制された生活を送るべしというラディカルなアイディアを持ち込んだ最初のバンドは、恐らくTEEN IDLESだろう。彼らは”ハードコア”という新たなブランド・ネームを開発して”最先端”をいくポーザー・セルアウト・バンドとは一線を画すために、この新たなアイディアを持ち込んだのだ。

ハードコアとはパンクスの中でも最も強固(ハード)な核(コア)のことを指す。カッコだけのポーザー野郎でもオシャレなファッション・パンクスでもなく、ロウ・ルーツ・ロックンロールに全身を浸し、”シーン”に全霊を傾けた奴らのことを指すのだ。パワー溢れる新しいサウンドと、既存の価値観とは一線を画したラディカルなライフ・スタイル。それを基礎にアンダーグラウンドで築き上げられたものは、1980年当時のアメリカのメイン・ストリームとは遥か数光年の隔たりがあった。

あの時代、ストレイト・エッジは確かにパンクだった。速い、スリー・コード・スラッシュ/パンク・サウンドは、まさに80'sハードコアの基本だ。ストレイト・エッジは自分自身のために考えるということだった。ストレイトでいるということは、この社会とその悪弊から離れ、物事をしっかりと見据えて自分自身の手で選択できるということだ。ストレイト・エッジは、”右へ倣え”ではなく”反抗”なのだ。社会はキッズが覚醒することを望まない。ドラッグとアルコールは思考を曇らせ、懐疑心を失わせる。反抗心を考えたり行動を起こす方向ではなく、浅はかな自己破滅へと向かわせる。この頃のストレイト・エッジ・バンドのサウンドには怒りと信念が満ちていた。MINOR THREAT、S.O.A、TEEN IDLES、SS DECONROL、GOVERNMENT ISSUE、7 SECONDS、STALAG 13、ABUSED、DYS、FAITHなど初期のシーンは最高のハードコアを生み出した。

ヨーロッパでこのムーブメントに呼応する形でLARMやSKEEZICKSが生まれた頃には、ストレイトエッジが衰退するかに見えたが、すぐにJUSTICE LEAGUEやYOUTH OF TODAYがその後を継いだ。そしてストレイトエッジは再び爆発する。88年の夏がその絶頂期だ。80年代の後半には、あらゆる大都市の郊外でSEHCバンドが一斉に産声を上げ始めた。Dischord recordsがハードコアに背を向けたのに代わり、Revelation Recordsが新しいユース・クルーの最前線に立った。

だがこの動きは、80年代初頭のストレイト・エッジ・シーンとはかなり違った。新世代のキッズはルーツであるパンクとの関わりを明らかに失っていた。メインストリーム社会における最悪の右へ倣え主義とマッチョ・アティテュードがアンダー・グラウンド・シーンにも取り込まれ、"Jock Core"(体育会系ハードコア)が生まれた。メタルの奴らと、メジャー・レーベルの奴らは、この頃ハードコアを勝手にミックス・アップして"クロス・オーヴァー"としてデッチ上げた。確かにこの時代にも示唆に富んだレコードが生み出されたが、DIYパンク・アティテュードからは大きく懸け離れた様々な風潮がシーンを軟弱化させてしまったのも事実だ。まわりに流されず自分自身で考えるというアイディアは、すっかり脇に押しやられてしまった。"ニュースクール"は右へ倣え的な体育会系ドレス・コードを基本に、色々なルールを作り出すことに固執しているように見える(ストレイト・エッジとはそういうものではないのは知っての通りだが)。意思の弱い奴らはカリスマ性のあるシンガーの言葉なら何でも盲信し、自分の存在を印象づけたい奴らはモッシュ・ピットをマッチョ・バトル・ゾーンに変えてしまう。商業的な成功を夢見る奴らはメタルとメイン・ストリームに慰めを見出す。パンク・スピリットは失われてしまったのだ。

最初にハードコアを聴き始めた頃は、俺はストレイト・エッジ小僧だった。あの頃、スパイキー・ヘアや鋲ジャンはXマークと敵対するものではなかった。だが86年頃に俺は酒もクスリもやるようになって、どんどんハマっていった。売人もやった。安いビールをガンガン飲んだ。1年半ぐらいはそんな調子でやってた。スピードやヘロインに手を出した友達も大勢いた。対照的に、Tribal War RecordsのNeilやEbullition RecordsのKentの様に自分の心血をシーンのために注いでいる奴も大勢いた。ある日考えた。ぼんやり突っ立って、誰かがショウをブッキングしてくれたり、レコードを出してくれるのを待つのはうんざりだ。多分俺にも上手くやれる。目が覚めると拳が血だらけだったとか、知らない女が隣で酔いつぶれてたとか、何もかもうんざりだった。酒をやめた。俺はドランク・パンクとして名を馳せていたから、最初友達に色々言われた。頭に来て、手にXマークを書いてまたスケートボードをやり始めた。埃だらけのFAITHのレコードを引っ張り出し、俺はノン・ドリンカーでストレイト・エッジであること、そしてそれを誇りに思ってることを宣言した。

俺はいつでもストレイト・エッジに対してオープンだ。だが現在のシーンを見ると、今のキッズは果たしてFAITHやMINOR THREATを聴いたことがあるのか、首を傾げたくなる。少数の例外を除くと現在のSEバンドは、80年代初頭、あるいは後半の凡庸なSEバンドの水準にすら達していない。サウンドはスロウ・ダウンして完全にメタル。キッズはレイヴァーみたいな格好をして、政治的な姿勢は殆ど見られない。動物の権利に目が行くようになったのはいいことだが、それが行き過ぎて極端なプロ・チョイス・アティテュードやミリタント・ヴィガンを標榜する奴もいる。最悪なのはハレ・クリシュナだ。みんなもう一度MINOR THREATの"Filler"を聴いてみろ。誤解して欲しくないが、CHOKEHOLD、GROUNDWORK、REFUSEED、UNBROKEN、そして地元ミネアポリスのDISEMBODIEDなど、最近のSEバンドにも好きなバンドは沢山いる。だがあのスピリットはどこかへ行ってしまった。怒り、信念、パワー。ルーツであるパンクからどんどん遠ざかっている。今ムーブメントに必要なのはジャンプ・スタート、ケツをぶっ飛ばすようなパワー、戦う相手だ。パンクとストレイト・エッジが再び共闘できればいいと思う。だが悲しいかな、今の両者にはあまりに距離がある。

DOLL誌1996年5月号に掲載された「ハードコアとは何か?VOL.2」より転載。(HeartAttaCk' zine #8に掲載されたコラムの和訳。原題はThe End Of Civilization As We Know It.著者はバンドDESTROY!、CODE13、DAMAGE DEPOSITなどでシンガーを勤めたFelix Von Havoc。)


Havocコラム転載2回目です。今回はSxEのお話でした。この記事が書かれた96年はちょうどEARTH CRISISに代表される「ニュースクール・ハードコア」が流行りだして、それまで一般にはあまり知られていなかったストレイト・エッジという言葉が日本でも浸透し出した時期でしたね。それ故、メタリックでスロウなニュースクール・バンドのことをストレイト・エッジ系と呼んだりなど、誤った認識が流布されていた時期でもありましたな。たしかミッ〇・SxEが、ファッションで手にXマークを書いてタバコ吸ってるような奴を批判していましたが、実際にそこまでの奴が当時の東京には本当にいたんでしょうか?謎ですが・・・。

関連記事
ハードコアとは何か?Vol.1
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-03-20 19:15 | Havoc
2008年 03月 02日

ハードコアとは何か?Vol.1

俺がどういう人間で、どういう思想背景があるのかを知らない読者のために、まずは自己紹介させてもらう。1969年、ワシントンDC生まれ。両親はヒッピー/バイカー/ドラッグ・カルチャーにどっぷり浸かっていて、親父は刑務所を出たり入ったり、お袋はスピードと東洋神秘主義にのめり込んでいた。DC郊外で育った俺はパンクに目覚め、83年にはギグに足を運ぶようになった。その頃の俺はDCストレイト・エッジとUKアナキスト・パンクに夢中で、Positive Force DCを初めとした地元のアナキスト/動物権利擁護団体の活動にも参加していたが、88年にミネアポリスに移住。Anarchist Youth Federationなどいくつかの組織やファンジン"Profane Existence"の活動に携わるほか、88年から93年までバンドDESTROY!のシンガーとして活動。ミネソタ大学で歴史の学士号を習得。現在は家の改築を生業とする一方、Havoc Recs & Distoributionの運営、バンドCODE-13のシンガーを務め、レコード店"Extreme Noise"を手伝い、ミネアポリスでのオール・エイジ・ショウのブッキングも行っている。趣味はレコード収集、女、バイク、ガン、コミックブック、スターウォーズなど。人生の友は現在7歳のドーベルマン犬、Attila Von Havoc。これが俺だ。

95年6月23日、24日と俺はオハイオ州デイトンで開催されたフェスティバルに参加した。これはアメリカン・インディアン・ムーブメント(AIM)の活動家であり、政治犯として収監されているレオナルド・ペルティエに対する認識を高め、支援基金を募るために開催されたものだ。LOS CRUDOS、AUS-ROTTEN、FINAL WARNING、MANKIND?、WARPATH、CODE-13、STATE OF FEAR、ASSRASHなどのバンドが出演し、450人~500人が集まった。Anti Racist Actionがビデオを上映、バンド演奏も良かったし、ペルティエ救済基金に2000ドルが集まった。

だがここにポイントがある。LOS CRUDOSのMartinが言う。もしこのイヴェントがペルティエ支援の単なる行進や集会だったら。今回集まった人間のうちのどれだけが来ただろうか。多分1%ぐらい?ポジティブな見方をすれば、不正に投獄された人を支援するためにこれだけの人を集められるというパンク・ミュージックの持つ力を象徴する出来事だと言える。実際レオナルド・ペルティエのことなど聞いたこともなかったようなキッズがバンド目当てにやってきて、この事件について初めて知ったということもある。メイン・ストリーム・メディアは十分な情報を流していないのだ。一方で、悲しい現実もある。この日集まった人間の多くは恐らく今もペルティエが誰だか分かっていないということだ。パーティーやって盛り上がった、おしまい。バンドもメッセージも二の次。このフェスティバルは80年代の"ロック・アゲインスト・レーガン・ショー"というよりは"クラスティ・ウッドストック"という感じだった。皮肉な見方をすれば、キッズが分かっていようがいまいが、とりあえず金は集まった。認識を高めることではなく、基金を募るというのが目的だとしたら、このイヴェントは成功だった。

ペルティエに関して最期にひとつだけ言っておきたい。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンがペルティエ事件を素材にビデオを制作したらしいが、メジャー・レーベルのバンドの"政治的見解"なんかをシリアスに受け取るやつがいると思ってんのか?そういうバンドは、ペルティエのような人間を投獄したままにしているこのシステム一部でもある。そういう"政治的見解"とやらは所詮クソみたいなマーケティングとパブリシティの産物に過ぎない。メジャー・バンドは黙ってクサと悪魔と愛の歌でも歌ってろ。

ショウの話しに戻るが、あれだけの人が集まり熱狂したということは、パンクはいまだ死んでなんかいないし、すごいバンドもまだまだ沢山いるということだ。でも、ポリティカルな意識はどこへ行った?反逆心は?俺がパンクにのめり込んだ80年代、俺も何かに参加しているんだという意識があった。何か危険で反抗的なものに俺も関わっているという実感。ハードコアには憤怒と激情と緊迫感があった。どのバンドもデカい音、激しいスピード、そして言うべき言葉を持っていた。ハードコアはブルータルでオネストでロウでポリティカルだったのだ。あの時の怒りはどこへ行った?今ショウに行って見かけるのは、怠惰で破滅的なのがヒップ/ヒッピーでオルタナティブな生き方だと勘違いしたドランク・クラスティーズか、ステューシーの服が高すぎるってこと以外に反抗するものを見出せない、こざっぱりしてファッショナブルなパンクスだけだ。こういう奴らに世界を変えられるか?否。

パンク/ハードコアのピークは1984年だと俺は思う。あの年にDK'Sやブラック・フラッグ、MDCのショウに行った奴ならわかるはずだ。確かに今はアンダーグラウンドなレコードもレーベルも増えた。だがシーンはより細分化され薄まった。ちょっと人気が出るとバンドはすぐにメジャー契約し、使い捨てのクズ音楽をやりだす。そして直視しなければいけないのは、パンクは明らかに本来持っていた怒り、パワー、ヴァイタリティ、そして、ポリティカルな姿勢を失いつつあるということだ。"パンク"とラベルの貼られたポップ・ミュージックもどきのゴミを、多くのキッズがショッピング・モールで買いあさる。悲しいジョークだが、これもいつかは鎮まる。10年もすればグリーン・デイやランシドも、今のカジャグーグーやフロック・オブ・シーガルズと同じ程度にしか相手にされなくなる。冷戦は終ったかもしれないが、80年代に俺達が直面していた問題は消えてしまった訳じゃない。だが今のバンドもキッズも、それに対して無関心な"レッツ・パーティー"的なアティテュードがあるだけで、社会批判も政治的行動もおこさない。

アンダーグラウンド・シーンは経済的な側面でも進化を遂げてきた。DIY精神が根付き、レーベル/ディストリビューターも着実に活動を続け、多くの人間がオール・エイジ・ショウを企画し、しかもバンドにギャラを払えるだけの成功を収めている。だが反面、アンダーグラウンドをメジャーへの踏み台にするバンドも多い。大企業によるパンク・ブームの陰で、本物のインディペンデント・ミュージックが根付いていくのは喜ばしいことだが、その内どれだけがちゃんとしたメッセージを持っているのかは、あまり問われることがない。怒り、エナジー、反抗心はどこへ行った?今こそ取り戻せ。

DOLL誌1996年4月号に掲載された「ハードコアとは何か?VOL.1」より転載。(HeartAttaCk' zine #6に掲載されたコラムの和訳。原題はThe End Of Civilization As We Know It)


上記は10年以上前のDOLL誌に転載されたアメリカのハードコア・ファンジン「HeartattaCk」の記事。書いているのはDESTROY!、CODE-13、DAMAGE DEPOSITなどでシンガーをやっていたFelix Havocです。この初めの記事から数年間、DOLLにはFelix Havocのコラムの和訳が転載されていました。Havocの考えは過激で偏りがちで、思い込みや偏見が含まれている場合もあるので、彼の考えには賛同できかねる部分も多々あるのですが、読み物として今読んでも十分面白く、色々考えるきっかけをくれたりします。当時のDOLLで一番面白かったのは間違いなくこのHavocのコラムの和訳でしょう(笑)。

Havocのコラムの転載がなくなってから数年たつし、周りではDOLLを全く買ってなかった人や売ってしまった人ばかりだし、そもそも若い人はそんなに昔のDOLL見たことないだろうということで、暇なときにこのBlogに転載していこうかと思います。

元々はn君がDOLLのこのコラムだけ集めてファンジンを発行する予定だったそうですが(笑)、どうやら頓挫したようなのでこのBlogで引き継ぐことにしました。埋もれさすには勿体無い内容なので、WEB上で読めるようにしておくのも何か意味があるかなと。

第二回の転載日は未定・・・。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-03-02 07:17 | Havoc