例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 08日

Supercoven

今日聴いたもの。


d0139736_22451942.jpg
PENTAGRAM / 1972-1979 [LP]
ドゥームメタル界では大御所となるペンタグラムが70年代に発表したシングルや未発表曲を収めた編集盤。ドゥームメタルの名盤とされる1stアルバム(未聴)が出たのが85年なんだけど、70年代初頭にもう既に活動していたんですね。70年代にはドゥームメタルなんて言葉はまだないわけなんですけど、この頃のPENTAGRAMがやっているのはBLUE CHEERなどの60'sロックから影響されたヴィンテージ・ハードロックでチープながらも渋かっこいい。この時代の音源は2000年以降にCDの編集盤が出てて、たぶんそれであらかた聴くことが出来ると思うんだけど、CDのライナーを読むとこの頃のPENTAGRAMはメジャー志向でなんとかレコード会社の目に留まろうと四苦八苦していたみたいで。時代を考えれば当然なんだけど。だから曲もけっこうキャッチーだし、ローリングストーンズの秀逸なカバーもやってたり。このLPはvol.2も出ているらしいんだけど、どちらも入手困難なのでCDの編集盤がお勧め。ちなみに自分が持ってるLPのジャケは白黒で画像とは若干違いますが、ネット上で見つからなかったので。


d0139736_23371112.jpg
ELECTRIC WIZARD / Supercoven [LP]
2ndアルバム「Come My Fanatics」と双璧を成すELECTRIC WIZARDの最高傑作、98年の12”。「Supercoven」と「Burnout」の2曲入り33分。画像はSouthern Lord盤だけど、自分の持ってるのはUKオリジナル盤。しかし Southern Lord盤のほうが2曲追加されていてお得だったりする。でも現在Southern Lord盤のCDも廃盤のこの作品はアナログではまず見つからないので良しとします。とにかく「Supercoven」がド級のヘヴィネスが意識をどっかにトリップさせるグルーヴを発しまくるドゥーム/ストーナーの超名曲。うちのスピーカーで低音全開でかけるとマジでやばそうだったけどさすがに苦情が怖いので自粛(笑)。B面の「Burnout」もサイケなうねりが徐々に、そして淡々と続いていくラリパッパなストーナーで18分の大作。そしてあくまで普通に唄うボーカルの声も、変に叫んだりうなったりするより、このバンドには合っていると思うのです。それにしても去年のライブは神すぎましたね。ドゥーム/ストーナーの極北。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-09-08 22:57
2008年 09月 05日

Suffering(BULLDOZE)

先日、Wikipediaとかで殺生石にまつわる九尾の狐の伝説を調べていたら、なんだか異様に「うしおととら」が読みたくなって(白面の者という九尾の狐が出てくる)、衝動的に漫画喫茶へ行って朝の6時まで全33巻を一気に読みふけってしまった。おかげで昨日の仕事はクソ眠かった・・・。しかしなんという金の無駄使いだろうか。なんかここ2ヶ月ばかし節約していた影響か、CDやレコードのほかに服とかも衝動買いとかしちゃって最近金遣い荒いわ~・・・。少し軌道修正しなければ。とか言いつつ、夜ご飯はまたカレーを作ろうと思っていたんですが、今日は仕事がちょっと遅く終わったので会社の近所の寿司屋で寿司を食う。2500円なり・・・。何やってんだか。

この週末は土曜の夜だけぽっかり時間があいたけどこういうときに限って行きたいライブもイベントもやってない。UNIT21のツアー、今日だと思ってたら明日でしたわ。見に行けね~・・・。おまけに帰宅中を狙ったかのような突然の雷雨。もうやってられませんわ~。

このライブ凄いな。

09/21(sun)@新大久保EARTHDOM
壬生狼/FORWARD/琥動 /BEYONDS/Humpty Dumpty/鐵槌


ロッキンジャパンフェスとかでBEYONDSのファンになった子が何かの間違いで見にきたら地獄を見ることになるな。ってそんな奴は見に来ないか。


さて。


d0139736_1325344.jpg
RICKY GRANT / I Love Jah Rasta Far I [LP]
久しぶりのレゲエです。ジャマイカのシンガー、RICKY GRANTの82年の2nd(?)アルバムです。結構なレア盤だったらしいですが以前にジャマイカ盤でリイシュー。しかしジャマイカ盤は盤質悪いしジャケも新品なのになんか薄汚いしでレア盤が再発されてもあんまりありがたみを感じないですね・・・。プロデューサーはメロディカ奏者のAUGUSTUS PABLO。レゲエは今でもレコ屋行ったら必ず漁るし何枚か買ったりもするんですが、もういい加減レビューとかで書くこともなくなってきましたね(笑)。とりあえず優しい歌声の極上のルーツ・レゲエです。B-1が霞がかかったような幽玄なダブで非常にいい。全部この路線でもよかったのに(笑)。


d0139736_2214516.jpg
PERFUME / Game [mp3]
以前にどっかのサイトで落としました。相変わらず3人の名前と顔が一致しませんが(覚える気がない)単純に曲がいいですね。とか当たり障りのない感想は置いといて。やっぱりみんな少女が好きなんだなあと。「私は少女が好きだ」というと人々に要らぬ誤解を与えてしまう可能性は97%くらいあると思われるが、性的対象として見ているわけではなく、憧れと、そして、彼女らに私自身の精神状況を投影した結果生じた安易な感情移入の入った特別な目で見ているのであって、一人の人間としてみているのだ。というとさらに余計な誤解を人々に与えてしまいそうなので普段わたしは黙っているのだが、私は少女のせつなさが好きだ。だって、少年は素直にせつなさを表現することは恥ずかしすぎてなかなかできないが、少女ならそれが安易に許される風潮があるが、その風潮にはのるしかないくらい説得力があるように思う。と途中からコピペになってますが、つまりはそういう事だろうと。いや、そういうことじゃなくてもそういうことと類似のものだろうと。思うわけです。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-09-05 23:59
2008年 09月 03日

Return Of The Super Alpaca

夏も終わりを迎えようとしている今日この頃、日帰りで那須高原のアルパカ牧場へ遊びに行きました。天気予報は曇り後雨だったけど、結局は概ね晴れ模様で雨は一切降らずに快適な旅となりよかったです。朝、仕事より早起きして各駅停車で那須塩原へ。埼玉を少しすぎた後からひたすら田舎の光景が続き、途中宇都宮を通り過ぎて3時間ちょっとで那須塩原駅へ到着。駅でレンタカーを借りて一路アルパカ牧場へ。40分ほどで無事到着。前回来た時は冬だったので高原はだいぶ寒かったですが、今回はちょうどいい気候で他にも遊びに来ていた観光客がチラホラ。アルパカと触れ合えるコーナーや生まれたばかりの子アルパカもおり、前回より充実していたかも。しかし夏ということでアルパカたちはみな毛を刈り取られていました(笑)。でもふれあいコーナーのアルパカは愛玩用という事なのか毛がフサフサだった。そしてもう一匹、最近ミラバケッソのCMに登場し話題となっているらしい通称クラレちゃんも毛がフサフサで、一匹だけ他とは違う隔離された場所で飼われておりました。さすがにCMに出るだけあって毛のフサフサ感と綺麗さが違う。しかしひたすら地面の草を食べており、さっぱり顔を上げてくれない(笑)。夏の終わりの晴れた日に一時間ほどアルパカと戯れてアルパカ牧場を後に。

クリックで拡大。
d0139736_2030748.jpg

とりあえず一番の目的を達したので、たまたま入ったドッグ・カフェで遅めの昼食。が、リゾート地価格なのか豚のしょうが焼き丼が1500円という高額設定だった。まあいいだろう。まだまだ時間はあるので、わりと近くにある牧場にも遊びに行ってみる。アルパカ牧場は行楽施設というわけではないので、アルパカがいる以外は特に何もないんだけど、この牧場は動物がいる他にも釣堀があったりなぜかアーチェリーやパターゴルフが出来たりっつーことで、平日の昼間だけどそれなりに賑わっていた。定番の高原のソフトクリームなど食べつつ、再び牛やヤギや羊と戯れて過ごす。たくさん動物と触れ合う日になったな・・・。

その後は適当にドライブをしているうちに、なんとなく那須岳を目指す。温泉街をすぎてひたすら上へ上へと上って行き、一番高いところにある駐車場まで。かなり空気が澄んでいて、そしてちょっと肌寒い。景観台からの風景はなかなか気持ちよかったです。那須岳からの帰りは観光名所となっている「殺生石」に立ち寄ったり。この石は有毒ガスを出していて、昔、近づく人間や動物を死に至らしめることからこの名前がついたんだそうです。今でも微量なガスを出しているそうで、たしかにこのあたりはかなり硫黄のような匂いがする。んで、九尾の狐が鳥羽上皇の軍勢に討伐された際に巨大な毒石に姿を変えたのがこの殺生石、というような伝説もあって、こういう話はけっこう面白い。殺生石へ向かう道は石が転がる賽の河原を想起させる荒涼とした風景で、まさに賽の河原のようにところどころに小さな石が積み上げられていてちょっと怖い。そんなこんなで那須を満喫して夕方過ぎに駅へ向かいレンタカーを返却。

帰りはせっかく途中に宇都宮を通過するということで、餃子を食べることに。餃子を食べるためだけに宇都宮で降りる。事前に調べてあった餃子の有名店「みんみん」へ。駅ビルの中に店舗があるのでめんどくさくなくて良かった。ネットの情報でいつも行列が出来ていると書かれていたけど、行ってみると本当に並んでいた。20時閉店で19時過ぎに並んだんだけど、その後も自分らの後ろに10人ぐらい行列が出来ていた。20分ほど待って中へ。焼餃子と水餃子を注文。
d0139736_2155398.jpgd0139736_216219.jpg
ここの餃子は一人前6個で240円というリーズナブルな価格なんだけど、さすがに有名店だけあっておいしかったです。 この値段でこの味なら文句のつけようもないでしょう。一人で15個をたいらげて満足して岐路へ。宇都宮から高円寺までさらに2時間くらいかかって、夜の10時過ぎにようやく到着。疲れたが有意義な旅でした。

写真を見る。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-09-03 23:59
2008年 09月 02日

ネーマ

レイアウトやらなにやらちょこちょこ変えました。ちょっと某ブログに似てる気もしますが・・・。以前のほうが秋っぽくて新しいほうが夏っぽいな・笑。今日は何してたんだっけかな・・・。昼ごろに帰ってきて、DOLLが出てたんで購入。今ってDOLLの値段650円もするんですよ。どうせ買っても大体5~6ページ読んで後はちゃんと読んでないような感じなので、この値段になったときにもう買うのやめようかなと思ったんだけど、10年以上購読しているとなんとなくずるずると・・・。DOLLみたいな音楽雑誌を毎月買ってるなんて内心ちょっとバカにしてる人もいるかもしれませんが。でも昔のDOLL引っ張り出して読んでみると、マキシマムロックンロールの和訳インタビューとかで珍しいバンドのインタビューが載ってたり(いまパッと手に取ったDOLLにはRUINATIONのインタビューが載ってた・笑)、Beckさんが面白い音源をレビューしてたりと結構後からオッと思うことがあるので、今買ってるDOLLも5年後10年後に読んだらまた違った面白さがあるかも・・・・。そんなわけで結局だらだら買っちゃうんだろなー。

ここ2ヶ月ほどまた自炊が止まっていたので夜はまたカレーを作る。緑黄色野菜を摂取しようと材料にかぼちゃを購入。鶏肉も安かったので、いつもは肉入れないんだけど(笑)、今回は買ってみる。しかし買ったあとでかぼちゃと鶏肉って合わねえなと思う。まあ作ってしまえば気になりませんでしたが。っつかうちの台所がもっと広かったらもう少し自炊やる気出るんだけどなぁ。いまのアパートも10年近く住んでるからいい加減飽きたわ。


d0139736_21859100.jpg
NEMA / Bring Our Curses Home [LP]
某氏が昔からプッシュし続けているにも関わらずディスクユニオンの中古棚でいつまでも300円くらいで大量に売れ残っている不遇なスウェーデンのバンド、98年のアルバム。SOUND POLLUTIONから。基本はダークなクラストっぽい音で、そこにデスラッシュっぽい感触や若干ブラックメタリックなリフなんかも入るんだけど、疾走感はあくまでハードコアそのものでなかなか聴き応えのある音をやってます。今はディスコグラフィー的なCDも出てるっぽい。


d0139736_21293753.jpg
THE SWARM / Parasitic Skies [10"]
LEFT FOR DEAD周りのメンバーで結成されたカナダのバンド、99年の10インチ。ボーカルが同じ人(?)のせいかLEFT FOR DEADっぽさも感じるけどこっちのほうがヴァイオレンスなメタリックさが前面に出ている。かなりメタリックだけどニュースクールでもタフガイでもない独自の狂暴なサウンド。やっぱりちゃんとオールドスクール・ハードコアのルーツがしっかりあるんだろうなあ。この前来日したPULLING TEETHの音源をいまさら集めてたんだけど、ライブで見たときよりだいぶメタリックでLEFT FOR DEADよりこのTHE SWARMのほうに近いかもと思ったり思わなかったり。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2008-09-02 23:59