<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 28日

black smoker represent

えー、世間にあわせて今日から人並みに連休なんつうものを取ってます。っつっても4日までだけど。んで、今日は朝から所用を終えて、午後からちょっと実家に帰省します。んで、一日の朝に帰ってくる予定。一日の夜はいつもライブハウスに集うメンツで焼肉→ブルーハーブのDVD鑑賞会を予定。二日はこれまた所用。三日は今のとこ予定無し。4日はEARTHDOMにライブ見に行こうかな。まぁGWはそんな感じで。


d0139736_11472159.jpg
■DJ HIKARU / Not-Hansei
近所のSunrain Recordsで買ってきたDJ HIKARUの新しいMixCD。Black Smokerから。勿論パンクロックDJじゃないほうの人です。テクノ、ハウス、ダブ、ジャズ、ファンク等など色々な要素の音をmixしてダンスミュージックに仕立て上げた非常~に気持ちいいCD。さいきん今まであんま聴いてなかったMixCDとかをよく聴いてて、新しいのも買ってみようってことで。Black SmokerのECDのMixも気になるな。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-28 11:56
2009年 04月 24日

きっと今日も良い天気だ(曇り)

d0139736_12515312.jpg
まえにトレイの壁がちょっと寂しいと書いたけど、この前買ったレゲエのレコードについてたポスターを貼ってみた。良くもないけどレコードについてるポスターってあんまり使い道ないからこれでいいか。

今日は給料日だけど、来月も色々のっぴきならない事情で大きな支出が予想される・・・これはマジで気を引き締めていかないと、自堕落に有り金を食い尽くすことになる予感。とりあえず来月は、無駄遣いをしない、外食を控える、購入音源は5枚まで、を実践してみようかと思う。まずレコード屋に行かないことから始めよう・・・。昔買った音源を聴き返すいい機会にしようかと思います。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-24 12:53
2009年 04月 21日

ああ今日もこの目で街を見られるよ

金曜日。

チャットモンチーのワンマンライブを見にNHKホールへ。フレッシュネスバーガーで軽くアルコールを注入して会場入り。明日ダメでも、明後日ダメダメでも、私を許して、それがやさしさでしょう。終了後にチケットを譲ってくれたモンチーヘッズ女子がいたので軽く挨拶。年齢差1X才。やばいぜ。ちなみに京都のワンマンに足を運んだ滋賀の知人は座席の関係でライブに集中できなかったそうな。

土曜日。

20000Vへ。その前にBASE、BOYとまわりThe BiteとLIFEの新しい7インチを購入。w君に前日チャットモンチーのライブを見にいったことを伝えると「なにやってるんすか」と言われる。ライブはREDNECKS企画。

■ENCROACHED
■SPUNKY(from大阪)
■VIVISICK
■UNARM
■U.G MAN
■REDNECKS


久しぶりにハードコアのライブに行った気がする。やっぱりライブは見にいかなきゃダメだな。行ってよかった。ライブ後はタイ料理屋で今年度はオシャレに気を使いたいという話をする。帰りに古本屋の100円コーナーをDig。3冊200円ということだったので、ミュージックマガジンを3冊購入。コクソン・ドッドが亡くなった時のStudio One特集の2004年の号と、シュガー・マイノットやブラック・ウフルの来日インタビュー掲載の1984年の号、あとは適当に1993年の号。100円コーナー、結構使えるかもしれないのでこれからマメにチェックしようかな。

日曜は仕事。

月曜も仕事。

帰宅後、焼き鳥屋で軽く飲む。一緒に飲んだ人が今日突然刺青をいれに行ってた。また暖かくなってきたから酒が飲みたくなる季節になってきたな。

d0139736_141355.jpg
■THE BITE / same
■LIFE / Warning

BITEのジャケ、ニック・ドレイクみたいでかっこいいね。



n君がブルーハーブのDVDを買ったとのことで、近々鑑賞会を催したい。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-21 01:05
2009年 04月 14日

Mass For The Dead

d0139736_0505296.jpgd0139736_051717.jpg
昨日は近所の串焼き屋で軽く飲んだ。お通しで出てきたキャベツがクソまずかったが串焼きはうまかった。そして今日は昨日飲んだ串焼き屋の隣のインドカレー屋に昼食を食べに行ったらFORCA MACABRAの色紙とお店のシェフと一緒に撮った写真が貼ってあった。フィンランドから日本に来て、高円寺でカレー屋のインド人シェフと記念撮影、か。まぁそれだけなんですが。



さて。


d0139736_215080.jpg
■ASSFORT / Complete Assforterly 1990~1993
■ASSFORT / Ejacuration
■ASSFORT / Free Punk Custmize Kit

今日はASSFORT聴いてました。1stアルバム含む初期音源集のピクチャーレコードに2ndと3rdアルバム。2ndまでは80年代の危険な雰囲気が漂い危ない感じ。そして3rdは音楽的な変化が開花した激個性的なハードコアをやってて、このアルバムリリース前後のASSFORTのライブは本当にかっこよかった。その後も3rdの延長線上的な音でリリースしてたけど、段々がっつりハードコアって感じじゃなくなっていって、個人的にはしっくり来なかったかなぁ・・・。今はメンバーが他のバンドに参加してるみたいだけど、解散しちゃったんでしょうか。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-14 00:49
2009年 04月 12日

Another Wasted Night

4月から仕事の時間がちょっと変更になったのだが、その結果、ライブとかに以前より行きにくくなった気がする・・・。週末に全く休みがないわけじゃないんだけど。カオスパークもナチュレゲも行けなかったし、見たかったKHATARINAも、屍のレコ発も、Sunn O)))のライブも行けそうにない。


d0139736_1331524.jpg
■SUICIDAL TENDENCIES / Suicidal Tendencies
久しぶりに針を落とすわけですがやっぱり最高。83年の1st。完全にハードコアでありながらロックアルバムとして見ても完成度が高いという歴史に残る名盤の要素を満たしている。この時代にこんなバンド、他にいなかったんじゃないだろうか。STは1stと2ndまでしか持ってないんですがその後はどんな感じになってるんですかね。まぁアルバムよりキャップとバンダナの売り上げの方が多そうだけど(笑)。SUICIDAL BARMY ARMY達の手書きイラストのワークシャツの写真が渋すぎる。DESPISE YOUがこれをパロってレコードの中ジャケにDESPISE BARMY ARMYによるシャツの写真を載せてたな(笑)。


d0139736_3151934.jpg
■GANG GREEN / Pre-School
■QUILL + I Don't Care / split album

1st Ep「Sold Out」にコンピの曲を入れたGANG GREENのこのCDを今日は何回も繰り返し聴いてから、急にQUILLとI Don't CareのスプリットCDが聴きたくなった。うちにはかっこいいCDの音源もたくさんある。QUILLもI Don't Careもぶっ飛んだファストっぷりが最高すぎる。クソ、この前のI Don't Careのライブ見たかったな。これも仕事で見にいけなかった。こういう音楽を聴いてるとつまんないことをウダウダ考えてるのが勿体無くなってくる。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-12 00:11
2009年 04月 10日

Kids In Cults

滋賀の知人とTEL。HELLSHOCK名古屋公演の話などを聞く。某バンドのライブで客に向かって投げたモニタースピーカーが誰かの顔面を直撃して救急車で運ばれたとかそんな話。不幸な。


d0139736_0351251.jpg
■BOB DYLAN / Nashville Skyline
15年ぶりくらいに聴いたかもしれないボブ・ディランのアルバム。むかし、このCD持ってたんですよね。69年リリースの全10曲。ジャケ写ではこれまでシリアスな顔を見せていたのが、青空の下ギター片手にニッコリ微笑むボブ・ディラン。そんなジャケのごとく、音はカントリー色がより強く出て、これまでの少しかすれたダミ声じゃなくて割とクリーンな歌声で、全体的に牧歌的な雰囲気。そのせいかディランのアルバムの中では結構異質でありながら地味なポジションというか、一般的な評価はいまひとつの模様。自分も中学生の頃に初めて聴いたディランがこのアルバムだったため、退屈なカントリー・ミュージックとの印象が拭えずこの年齢までロクに聴きこむことなくやってきたわけで(笑)。これが初めて聴いたのが「追憶のハイウェイ 61 」とかだったらまた違ってただろうな~・・・。そんな罪なアルバムだけど、「追憶のハイウェイ 61」のレコードは500円でしたがこのレコードは何故か全体的に高めで1500円くらいしたという(笑)。でも改めて聴いてみると地味な感は拭えないながらも佳曲揃い。惜しむらくはこれといった1曲がないところか。


d0139736_135232.jpg
■IN/HUMANITY / The History Behind The Mistery
90'sハードコア。97年にPRANKからリリースされた2ndアルバム。エモ・ヴァイオレンスとPRANK系の激音を重ね合わせてそこにキテレツ/カオティック加減をプラスしたような不穏で激烈なハードコア。これ確かCDはHG FACTから日本盤で出てましたね。いまいちユースクルー・リバイバルなどの00年代ハードコアのスマートでモダンな音にのめり込めないのはこういう音が好きだからなんだろうか。中古棚から500円の捨て値で救出。こういうバンドが再評価される時はいつくるのか。1st欲しいっす。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-10 00:52
2009年 04月 09日

Having A Rave Up

今日はいきなり父親から今から東京に行くからという電話がかかってきた。なんかひとりで浅草見学に来るらしい。浅草は明日行くという事で、たまたま休みだったので飯でも食うことになった。夕方頃に父親が東京着、高円寺の抱瓶へ連れて行って沖縄料理を食った。なんでも、3月で仕事を退職して毎日家にいる感じなので気分転換に旅行でもという気になったらしい。最初はハワイでも行くかと思っていたのがパスポートが切れてることが判明、次は沖縄でもと考えたが空港まで行ったりなんだりがめんどくさい、じゃあ奈良へと思ったが新幹線で5時間もかかる、ということで結局浅草にしたとのこと。しかも後で母親に電話で聞いたら、母親は当日まで口だけでどうせ旅行なんて行かないんじゃないかと思ってたらしい(笑)。まぁそれくらい行き当たりばったり感がありますな。抱瓶では、最近実家は新築の家を建てたので主に家の話をする。ここは当然父親の奢りという事で飲み食い。それから、息子が住んでいる家が見たいという事で(父親は来たことない)一瞬だけうちのアパートに。そしてホテルがある浅草へ向かって行きました。なんか明日も仕事が早く終わるなら飯でも食おうとか言ってた。前日に東京行きを決めたみたいで、全然下調べしてないから東京に来ても何を見に行けばいいのかよくわからないらしい。ちゃんと計画立てて母親と一緒に観光に来ればいいのに。




さて。



d0139736_0541046.jpg
■屍 / バラバラ
■DEADLESS MUSS / 5 Years Imprisonment + 7 Tracks
■DEADLESS MUSS / 860 Seconds Cooking

ようやく屍とDEADLESS MUSSを購入。もう一枚はDEADLESS MUSSの特典DVD-R。しかしDEADLESS MUSSは紙ジャケで1枚2940円は高けえな・・・。このレーベル、色々再発出してくれてるけど高い。再発物は高くてもある程度の需要が見込めるんだろうなー、まぁこうやって買ってしまうけど足元見られてる感じ。DEAD COPSの再発CDとかシングルにライブ音源追加して2940円はねーだろって感じ(買ってない)。屍はまだ全部聴いてないけど、かなり変えてきた感じが。これはある程度聴き込む必要があるな。

その他は昔のロックとかのレコードをたくさん買ってます。当初はあまり聴かない最近のロックを色々聴こうかなと思ってたんだけど、どうもアンテナに引っかかってくる物が少なくやっぱり昔のほうに向いてしまうという。あと昔のロックのレコードは安いんですよね(笑)。

もっとじっくり音楽を聴く時間がほしい。時間はたぶんある筈なんだけどなー?
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-09 00:24
2009年 04月 05日

花見

土曜日はせっかくのこの時期なので軽くお花見へ。新宿御苑や代々木公園はたぶん混みすぎだろうっつーことで中野の新井薬師公園へ(実は去年も行った)。集合場所は中野のディスクユニオン。集まった4人が花見前に全員ユニオンで買い物をしてから向かうという(笑)。新井薬師公園ももちろん混んでたけど、裏側のあまりゴミゴミしてない場所の桜の下でコンビニで買ったアルコールを飲みながら談笑。屋台のたこ焼きを食ったりなんだり。

その後歩いて高円寺へ向かい、JBLの4312 MⅡスピーカー(高さ30cmの小型モニタースピーカー)が欲しいという輩を中古オーディオショップに連れて行く。そこで店のおじいさんにJBL 4312D(高さ60cm、10万円)を試聴させてもらい、「これが音楽だよ」のパンチラインを頂く。そうか、今まで聴いてきた音は音楽じゃなかったのか。それからsmall musicをちら見して疲れたので変なカフェで休憩し、今度は横浜へ大人の社会化見学をしにいこうという話でまとまる。その後はなんとなくお腹がすいたような気がしたので中華料理屋で夜飯、その量の多さに4人とも動けなくなり注文品を残す人多数。帰宅。

ライブ見に行こうかと思ってたんだけど結局行かなかった。

写真を見る。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-05 17:41
2009年 04月 02日

おれたちにサマーレインはふる

夏はまだ先ですが。今日は雷雨が凄かった。

d0139736_2314127.jpg
この画像はうちのトイレの壁です。何か寂しい気がしてきたのでポスターでも貼りたいがどんなのがいいだろうか。今日はトイレの上に棚を作ったり、人にお勧めされたこのトイレブラシを買ってきて今まで使ってたブラシを捨てたりした。なるほど、これは確かになかなか具合がいい。


さて。


d0139736_330117.jpg
■DFA / Destined For A Assimilations
■THE BLUES BUSTERS / Behold How Sweet It Is
■PRINCE BUSTER / Fabulous Greatest Hits
■THE SKATALITES / Ska Boo-Da-Ba: Top Sounds From Top Deck
■PHOBIA / Grind Your Fucking Head In

全て100円でした(涙)。DFAはカナダの80'sスタイルのハードコアバンドでなかなか悪くない。スカ3枚はジャマイカ盤で盤質が悪いけど、まぁ100円だしねぇ。PHOBIAはオーソドックスなグラインド。ところでPHOBIAのジャケットのイラスト。鎧武者の格好をしたベーシストが客の顔面をベースでぶん殴ってるというものなんだけど(画像だと写ってないけど)、これはやっぱり、日本ツアーをやったときに客と揉めて客の頭をベースでぶん殴った事件のことなんでしょうな。

よくわからないがその時の様子がなぜかニュース(?)になっているという。
誰か翻訳してください(笑)。



もひとつ。


d0139736_2562236.jpgd0139736_2563178.jpgd0139736_3203986.jpg
■TERRY CALLIER / The New Folk Sound Of Terry Callier
■TERRY CALLIER / Occasional Rain
■TERRY CALLIER / What Color Is Love

さいきんテリー・キャリアーさんというシンガー/ギタリストのアルバムが結構気に入ってよくきいてます。左から1st(65年)、 2nd(72年)、3rd(74年)アルバム。後付けだろうけどフリー・ソウルというよくわからんジャンルに分類されるそうで、レアグルーブの世界ではかなり有名らしい。ネットで調べた情報によると、これらのアルバムをリリース当時は全く売れずに音楽界から引退するも、その後のレアグルーブ・ブームにより再評価を受け音楽活動を再開、とのこと。1stはソウルというよりほとんどアコギの弾き語りで(Folky Soulという言うらしい)静かで深い音楽。少ない音数の中で歌いあげるとてつもなく深く厚みのあるボーカルがほんと素晴らしい。いい歌声だ。2nd、3rdはもうちょっとソウルっぽくなってますが、こちらも尋常じゃないくらいに美しい。特に3rdが凄くて、こんな音楽を部屋でひとりで聴いてるとなんだか何処かへ連れて来られたようなおかしな気分になってしまいますな。

TERRY CALLIER / What Color Is Love
[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-02 02:34
2009年 04月 01日

片道切符

代々木公園に行ってみた。桜はまだ7~8部咲きというところか。今週末あたりが、花見のピークなのかな?花見の浮かれた空気は、まぁ嫌いじゃない。

ところで、ただでさえ少ない給料が諸事情によりうん万円の支出があったりと相変わらず財政難の昨今ですが、DEADLESS MASSの再発や屍の新譜がそれに拍車をかける。まぁこれらは大丈夫だろうけど、最近は「給料が出たら~」とか思ってるとそれまでに売り切れてたりするリリースが多すぎる。CFDLがそんな感じで無くなっちゃってた。頼むからもう少しプレスしてあげて!ってっさっさと買わない奴が悪いって話で。しかしそんな感じで無くなった新譜が2-3ヶ月後に中古で出たときに定価より高い価格で出ていたりすると嫌になる。

4月に突入して、今日から環境がガラっと変わるひとも多いと思いますが、別段自分はあんまり変わりません。が、本年度は色々と人生のTurning Point(not youthcrew)になるかもしれないので、色々と(主に財布など)引き締めてやって行きたいと思います。



さて。


d0139736_24240100.jpg
■IMPACT ALL STARS / Forward The Bass Dub From Randy's 1972-1975
前回に引き続きBood&Fire物であまり見かけない珍しい(?)レコード。ルーツレゲエのバックバンドIMPACT ALL STARS(メンバーの詳細がよくわからない)の70年代にキングストンのRandy'sスタジオに残されたダブアルバム。レゲエ自体みんな同じような感じなのにダブはそれに輪をかけてみんな同じような感じなので(笑)あんまりダブアルバムは買わないんだけど、それでも聴きながすんじゃなく一枚一枚きちんとレコードと向き合って聴くと、やはり凄くいい。というわけでこのアルバムも伊達に再発されてるわけじゃないので、引き締まった極上のダブを聴かせてくれます、はい。

IMPACT ALL STARS / Jaro

[PR]

by yoakenoban_2 | 2009-04-01 02:47