例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 30日

死んだ方がまし feat.DEKISHI

死んだ方がまし feat.DEKISHI -有り触れた死

1月19日のラッパーの溺死くんとやったライブをyoutubeにアップしました。よかったらチェックを!あと友達が死んだ方がましについて書いてくれました。こういうのは嬉しいすね。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2014-01-30 10:09
2014年 01月 21日

1月

1月は二本のライブ。

d0139736_5491982.jpg

d0139736_5492030.jpg

3日は、ここ数年の正月の恒例というToo Circle Recordsの新年会ライブに出させて貰いました。もうベテランと言えるくらいのバンドの中、そして上海の英加日混成バンドのInstigationを迎えてのライブ。お客さんも名の知れたバンド関連の人が多くて少し緊張しましたね笑。

どのバンドも凄みや渋みがあって、このメンツの中でライブを出来て刺激を受けました。自分らのライブは、毎回思うことはもちろんあれど、感想などは見た人に委ねます笑。上海のInstigationはライブ前に音源をチェックした印象は、ガレージィなスラッシュハードコアという感じだったんだけど、実際のライブでは更に熱さやモダンさも感じられかっこいいライブだった。そして積極的な海外バンドの招聘やリリースなど、Too Circle Recordsの活動は本当にすごい。

そして19日、以前からバンド、プライベート共にかなりお世話になってるBlackholeというレーベルを運営する小坂くん、そしてバンドCosmic NueroseとレーベルRoyal Shadowのデスロウくんの共同企画。半年ぐらい前から話を聞いていたんだけど、出演バンドが決まって行くにつれかなり大変な事に。自分は、同じような系統のバンドが集まっている企画もバラエティに富んだジャンルが集まっている企画もそれぞれ面白いと思うけど、そんな中でもなかなかない組み合わせなんじゃないかな。フライヤーには載ってないけどバースペースではこちらも面白いDJ陣が回していました。せっかくなので全バンド感想を。

Cosmic Nueros
早い時間のスタートのトップからでも一気にフロアをヒートアップさせるパワーとパフォーマンス。見ている方も完全にそれに応えている。自分でボーカル始めてみて、ますますデスロウ君の凄さがわかってきた気がする。あれはやろうと思っても真似できない笑。いろんな意味で唯一無二の存在。

Young Lizard
音は全然違うのに何故か色々縁があり3回目の対バンとなるYoung Lizard。海外の新世代のハードコアを存分に吸収したであろうその音は、ドゥーム/スラッジや暗黒ブラッケンドハードコア、そしてライブではカバーも飛び出すLeft For Deadなどのピュアでアングリーなバンドをミックスしたようなメタリックなハードコア。未だデモ音源のみのリリースながら既にデモとはいえないクオリティの曲は未聴の人はまずは是非ともbandcampなどをチェックしてほしいんだけど、ライブは輪をかけて凄まじい音塊。メンバーは皆さん温厚そうなんだけど。

LIFE
言わずと知れた最早ベテランもベテラン、しかしニューベーシスト加入以後また新たな側面も垣間見せつつ、一切妥協も手抜きも無しのライブを持ち時間をほぼ使い切るまで全力で叩きつけていきました。

Black Humor Control
いま地方ではかなり盛り上がりを見せる津山パンクシーンからMASSGRAVEと共にやって来たBlack Humor Control。ブラックサバス大好き、そしてルックスもハードロッカー然としたGu/Voのカズンコ氏、その音は一瞬ストーナー?と思うも突如スピードアップしたり。ストーナーの要素も色濃いながら、やはりここまでブラックサバス系統の音とハードコアを融合させたバンドは他に知らない。怪しく激しく、渋いライブだった。

死んだ方がまし
自分のライブはまぁ前述の通り感想はみた人に委ねるんだけど、今回は1曲、ゲストボーカルとしてラッパーの溺死くんを迎えてやったのでその事を。溺死くんやこの日のライブでDJを務めた粗悪ビーツ君たちとは元々企画者の小坂くんが繋がりをもっていたんだけど、実は死んだ方がましのGu.が以前から溺死くんとはずっと友達で、そういういろんな縁があって今回のライブで一緒にやることに。完全新曲を1から考えて、後半は溺死くんにもスタジオに入ってもらいなんとか当日までに形になった。自分らはまぁ置いといて、スタジオ練習の時点で溺死くんのミュージシャンシップとその高速ラップのスキルの高さに感銘を受けた。溺死くんの持ち味を活かせた曲ができたかはわからないが、なんとかやり切りました。基本的に溺死くんがいないとこの曲はできないと思うので(笑)なんらかの形で音源に残せたらいいかなと。そして去年発売した溺死くんのアルバムはネットで全曲試聴できるので、ハードコアな人たちにも是非とも聴いて頂きたい。

ここで休憩&時間調整。バースペースではLow Visionの岡村くんやデスロウくんがDJにあわせてマイクを握り、フロアを湧かせていました。

宮武BONES
大阪からのバンド、宮武外骨からバンド名を取ったと思わしき宮武BONES。「グラインド」という前情報のみしか知らなかったんだけどいきなりECDのカバー!笑。その後もダブ、ファンク調の曲にあわせてファンな感じで軽快にラップしてると思ったらいきなりブラストビートでフロアも一瞬でモッシュに。大阪らしいといえばらしい、なんとも一筋縄ではいかない特異なバンドでした。

YOUTH ISSUE
ストレートすぎるほどストレートなハードコア、だけど今回のメンツの中ではとりわけ異色ともいえるユースイシュー。初めて観るので個人的にも楽しみにしていました。ギターのタナライ君はいろんなライブで遭遇するし、ボーカルのクリス君のTwitterをみているとメンバーそれぞれ色んな音楽を吸収しているように感じる。ライブパフォーマンスは想像以上に熱すぎた。ユースイシューが普段よく活動しているシーン(とか言っちゃっていいのかよくわからないですが)ら辺のバンドはあまり詳しくないのだけど、もっとその辺のライブにも足を運びたいと思えるライブでした。

Elmo
エルモのライブは結成当初の頃から観ていると思うんだけど、ここ最近のライブは本当にエグい。去年の12月にも名古屋で一緒にやる機会があったんだけどその時はギター4本体制(笑)。この日は2本だったけど、それでも相当なエグさ。フロアが地獄のようなモッシュピットが展開されるのも何時もの如く。どこまでも果てしなくブルタリティ。

Milk.
たぶん今回のメンツの中では一番若手の名古屋のミルク。カセットテープしか出していない?にも関わらず一部では既に人気の彼ら。超ブルタルな爆音のエルモの後にフロアライブでペラペラギターのナードボーカルなミルクの落差にたくさんの人がツッコミを入れた筈。音がいちばんちっちゃくてほんとにチープなんだけど、一言で言えばセンスの塊。個人的な見解だとFruityとポンコツハードコアにレスザンのセンスを加味したような?うちのギターはPeggio Punxじゃねーか!と言ってました。

MASSGRAVE
大トリは津山のメタリッククラスト、MASSGRAVE。ドラムはSKIZOFRENIA
でも叩くウシロダ工房長氏。やはりUK late 80'sからの影響が主体ながら根源的なスピード感やパワーが半端なく、ショボさはゼロ。圧巻としか言いようがなく、他の言葉が思い浮かばない(笑)。SKIZOFRENIAと共に津山シーンの充実ぶりが伺えるライブでした。


当日の感想はそんな感じで。少し早めにライブが終わったので、その後はバースペースで粗悪ビーツ君のDJにあわせて溺死くんがラップしたりと、まだまだ素敵な夜感。しかし終わりの時間は近づき、、、な感じでした。それぞれみんな良かったバンドとかあると思うけど、トータルで素晴らしい企画だったと思います。お疲れ様。
[PR]

by yoakenoban_2 | 2014-01-21 02:51