例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 05日

読書

d0139736_1813092.jpg

死闘900日 -比・パナイ島の対ゲリラ戦- / 本咲利邦

もう一冊パナイ島のゲリラ戦に関する戦記を見つけたのでこちらも。著者は民間会社の社員としてフィリピンへ派遣されるが、戦局の悪化に伴い45歳以下の男性は現地で召集され戦争後半を初年兵として部隊で過ごす。著者は現ユニチカの大日本紡績の社員だったが、大戦中のフィリピンへは軍隊だけでなく、民間会社も進出し様々な産業に携わっていたことが色々な書物からわかる。しかし徐々に日本軍が不利になるにつれ、現地での会社活動は不可能となり、兵士として召集されることになる。タイトルが「死闘900日」とあるが始まりがいきなり昭和19年の10月からで多少ずっこける(昭和20年8月が終戦)。昭和19年10月は米軍がレイテ島に上陸した時期で、これ以降、フィリピンでの戦局は急速に悪化することになるが、著者が実際に銃を持って戦いだしたのがこのくらいの時期からということなのだろう。召集後は「フィリピンの血と泥」の著者/熊井敏美氏も所属していたパナイ島の守備隊"戸塚部隊"へ組み込まれることになり、作中に熊井氏から訓示を受ける場面や、「フィリピンの血と泥」でも記述されていた、食糧事情の悪化によりゲリラから攻撃されながらの命がけの稲刈りや、米軍上陸後のイロイロ市から山中への転進の様子などもこちらでも描かれている。本作は、戦犯にまでなった将校でありそれ故パナイ島の作戦活動に直接携わっていた熊井氏とは異なり、著者は元々は一民間人なので、ゲリラ戦の大局が描かれていた「フィリピンの血と泥」とは異なりあくまで個人の体験記としての色合いが強い。また、半分以上が米軍上陸以後の話になるので、ゲリラ戦というより、どちらかというと敗走戦に近いものがある。それ故、民間人も巻き込みゲリラとの憎しみが憎しみを呼ぶ殺し合いについても言及されている「フィリピンの血と泥」と比べると陰惨な箇所はないのだが、それでも当時の切迫した状況や、病気や食糧不足の中での戦闘の様子など苦労は伝わってくる。しかし、フィリピンの島々では山中へ転進した日本軍が「緑の砂漠」とも呼ばれたジャングルの密林の中で悉く餓死していき、有名なレイテ島の戦いでは8万人余りの戦没者のうち、かなりの割合が餓死や栄養不足からくる病死だったとも言われているが、本作でも「フィリピンの血と泥」でも、食糧不足ではあるが餓死などの描写はない。熊井氏に至っては終戦後の捕虜収容所での食糧配給の悪化時が初めての空腹であったとも記述していた。これはパナイ島での転進地となる山中が、段々畑状の水田が広がる無人の集落で食料の自給にも適しており、これをゲリラ討伐時に発見し予めこの場所を転進地として目処をつけていたことによるものと思われる(ただし、勿論付近の村落へ食料の"徴発"、要はかっぱらいには行っている)。この点が着の身着のまま文字通りの「ジャングル」をそのまま彷徨する羽目になった他の島とは最大の違いである。「フィリピンの血と泥」では、パナイ島の在留邦人はその子供まで助かっている事を他の島々の在留邦人が泣いて羨ましがっており、他の島では軍の行動の邪魔になるからと12歳以下の子供は殺されたことが記述されている。パナイ島での転進戦は、その点だけは幸運に恵まれていたように思えた。さて、本書は山中での敗走戦から捕虜収容所、その後の復員の様子の後に、戦後30年を経てパナイ島へ慰霊へ赴く様子もそれなりのスペースを割いて記述してある。フィリピンへの慰霊ツアーはこのくらいの時期から行われるようになり、おそらく公式にも毎年慰霊祭を執り行っていると思うが、以前に読んだ「殺した殺された」の著者は日本人の慰霊ツアーは自分たちばかりの慰霊で殺したフィリピン人やアメリカ人に対しては全く無関心であることを指摘している(本書の著者がそうである、というわけではない、念のため)。フィリピンでの日本の軍人・軍属などの戦没者は50万人、フィリピン人の死者は実に100万人以上と公表されている。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2015-03-05 18:11
2015年 02月 26日

読書

d0139736_20434779.jpg

フィリピンの血と泥 / 熊井敏美

戦争中、フィリピンでのゲリラ討伐名目の日本軍による虐殺に関する本を読んだが、では日本軍にとって実際のゲリラ戦はどういうものだったのか?と思い本書を手にとってみた。占領直後のフィリピン/パナイ島へ将校として派遣された著者が3年間に渡るフィリピンでの戦闘の記録を綴った本。フィリピンの首都マニラがあるルソン島では、日本軍が劣勢となる戦争終盤に大掛かりなゲリラ討伐が行われた。虐殺に遭遇したフィリピン人の証言にも「戦争が終わりの頃にそれまでは優しかった日本軍が突然狂暴になった」というようなものがポツポツある。「ビルマ地獄、ジャバ極楽、マニラ享楽」という言葉があるようにマニラはネオンサインのギラつく猥雑な街で、日本軍将校も米軍が上陸する直前まで享楽に耽っており、戦争終盤になり情勢が変化していった節がある。では本書の舞台となるパナイ島はどうだろう。元々パナイのゲリラはフィリピンで一番勇猛というような話しもあったようであり、加えて米極東軍は日本軍侵攻時にパナイ島では本格的な戦闘を行う前に降伏しており、それに伴い多くの現地人兵士が武器を持ったまま軍隊を離脱し、そのままゲリラと化していった。その結果、日本軍は占領当初から度々ゲリラの襲撃に悩まされ、何ヶ月にも渡るゲリラ討伐が強行され、終戦までの3年間、ほとんど終始戦闘に明け暮れる羽目になる。通常は大きな作戦も何ヶ月単位で終了することが常だが、ここまで日常的に戦闘を行っていた例はあまりないのではないだろうか。著者も後書きで、戦闘回数のみでいえば自分の部隊は太平洋戦争のレコード・ホルダーであると記述している。文章は淡々としているが、日常的に発生する出来事のテンションが凄まじい。ゲリラは待ち伏せや地雷で日本軍を攻撃し、殺した日本兵の首を切り落とし晒し者にしたり、戦死して埋葬された日本軍兵士の遺体を掘り起こし見せしめとして川に投げ込んだりする。あるとき、新しく着任した軍司令官がパナイ島に視察に訪れる。現地守備隊の反対を押し切り高級車で視察に出向いた司令官は案の定ゲリラに襲撃され、命は助かったもののその責任を問われ現地の責任者は左遷、以後、徹底的なゲリラ討伐が命じられることなになる。ゲリラ容疑者を捕らえては拷問し、当初は収容し切れなくなったゲリラ容疑者はやむなく釈放していたが、釈放された者が凄惨な拷問に憎しみを募らせ本当にゲリラに加わり襲撃を先導したりする事が続いたため、そのうち捕らえた容疑者を次々と処刑していくことになる。日本軍とゲリラは復讐が復讐を呼び、凄惨な殺し合いへ発展していくことになる。この様子を著者は次のように書いている。「これに対するゲリラ側の仕返しも、これに輪をかけて残虐をきわめてきた。双方の憎しみが高まるにつれ、われわれもゲリラ側も祖国防衛とか、聖戦とか、大東亜共栄圏とかの崇高な戦争目的を離れ、ただ一人でも敵を倒すことに全力をあげるようになり、パナイ島は人殺し、殺戮の島と変わっていった。このため双方ともに常識では考えられない、常軌を逸した行き過ぎが数多くあった」。このような経緯でパナイ島では恒常的にゲリラの討伐が行われるが、一般住民が日本軍とゲリラの板ばさみとなる。ある村ではなかなかゲリラの情報を喋らない村人に痺れを切らした大尉が見せしめとして村民の首を切り落とし脅しをかける。フィリピン人へ「キャプテン・ワタナベ」の悪名を馳せたこの大尉は民間人だろうが女・子供だろうが次々と日本刀で首を撥ね殺してしまう。しかし潜伏作戦を取るゲリラ幹部の逮捕はままならず、その間にもマッカーサーから潜水艦で支援物資を受け取っていくゲリラの装備は徐々に強力になっていき、45年3月に米軍がパナイ島に上陸する頃には、大砲こそ持たないものの、日本軍を遥かに凌ぐ火力の装備となり最早正規軍隊のそれになっていく。米軍上陸後、米軍とゲリラ双方に追い詰められる日本軍は、この時期のフィリピン各所で行われたのと同じく、山中に転進。その過程で在留邦人の集団自決などの悲劇も経て、やがて山の中で終戦を迎える。日本兵の終戦の受けとめ方は各人各所でそれぞれ違った反応があったようだが、パナイの山中では3年間の戦闘に明け暮れた徒労から、誰もがホッとした表情になりその後は明るい雰囲気すら漂ったという。その後は例によって現地民に石を投げつけられながら米軍へ投降し、著者の部隊からは著者を含め10数名が2000人の住民殺害の容疑で戦犯裁判にかけられ、数名が刑死することになる。尚、もっとも果敢にゲリラや住民の殺害を行ってきた「キャプテン・ワタナベ」こと渡辺堅吾大尉(最終階級・少佐)は終戦前にフィリピンの別の戦地で戦死している。著者は重労働25年の刑を受け、巣鴨プリズンで服役、1950年に朝鮮戦争が勃発するとアメリカの対日政策が路線変更され戦犯が次々減刑されてゆき、著者も1954年にようやく釈放の運びとなる。それにしても、このパナイ島の戦いはネットで検索しても全く情報は出てこない。この本にしても、1977年に出版され、アマゾンでは数千円の古書が1冊売ってるのみで入手はほぼ不可能、図書館で借りるしか読む術はない。大岡昇平「レイテ戦記」のように名著として文学の歴史に残ればよいが、そうでない戦いは多数の無残に死んでいった人々の無念など意に介さず最後は歴史に消えていってしまう。戦争というものは本当に無常だ。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2015-02-26 23:34
2015年 02月 25日

読書

d0139736_22254755.jpg

帰れなかったドイツ兵 / 新井恵美子

閑話休題、というわけでもないがあまり楽しい内容の本を読んでないので、少し気分を変えるためにこぼれ話的な本を探しており、ちょうど近々箱根の温泉にでも行こうかとも考えていた時に箱根関連の本を見つけたので読んでみた。1942年11月、横浜港に停泊していた3隻の外国船が爆発事故を起こし、乗組員であったドイツ兵100名あまりが本国へ返る術を失い、その後4年に渡り箱根の温泉旅館で過ごしたという記録。1942年の11月というと、日本は同年6月にミッドウェー海戦で敗北、8月にはガダルカナル島に米軍が上陸し、快進撃を続けてきた太平洋戦争の先行きに陰りが見え始めた 時期。しかしまだまだ国民は勝利を信じて日常を過ごしていた。さて、まず横浜港での船舶の爆発事故だが、停泊していたドイツのタンカーが爆発炎上し、それに巻き込まれる形でドイツの仮装巡洋艦と、それに拿捕されていたオーストラリア船も炎上したとのこと。仮装巡洋艦って知らなかったんだけど、見た目は一般の船に偽装しながら大砲などを備え、敵国の船を見つけると襲撃し物資を獲とくしたりなどしていたんだとか。なかなか卑怯な戦法ですね。爆発事故は死者100人以上の大惨事だったが報道管制により当時は詳細が報道されることはなかった。連合国のスパイによる破壊工作とも噂されたが、真相は今もわからず、まぁやっぱり事故だったんじゃないかと。そんなわけで諸々の経緯を辿り、箱根の温泉旅館に大量のドイツ軍人がやってくる。当時の日本の田舎に、見たことも無いガイコクジンが大量に~、なんて思ってたけど、ドイツと同盟関係にあった日本には意外にもたくさんのドイツ人が居住しており、箱根にも小規模ながらちょっとしたドイツ人コミュニティ的な居住区もあったとのこと。ほ~。さて、ドイツ兵はいわば「お客様」であり、食料は海軍から支給されるので食うものにも困らない、そんな中でも軍隊的な規律を維持し、旅館内でも水兵の制服に着替え、朝の挨拶は「ハイル・ヒットラー」、しかし行動範囲は制限されていたとはいえ比較的自由も許されていたようで、買い物にいったりパンを焼きにいったり、時には地元民のために池を作る工事を行いお礼に日本酒を貰ったりなど、そんな日常を過ごしていた模様。制服姿で神社に戦勝祈願に行ったり旅館の従業員の女性たちと楽しそうに写っている写真など残されていたりします。旅館の従業員や学童疎開の子ども達とも交流を深め、遂に旅館の息子が出兵の日にはドイツ兵総出で「生きて帰って来いよ!」とお見送り。なかなかの心温まるヒューマンドラマ。いつ終わるとも知れない抑留生活で望郷の念を募らせていたとはいえ、その後の本国の惨状を考えると大戦中のもっとも過酷な時期を箱根で平穏に過ごした事は、悪くはなかったのかもしれない。終戦後は連合国の捕虜扱いとなりMPの監視下に置かれ、敗戦処理のごたごたにより帰国したのは終戦後しばらくたってから。その後も細々ながら旅館の息子とは交流を続け、四十四年後、すっかり初老の老人となった数人のドイツ兵たちは再び箱根を訪れる。この事は当時けっこう大きなニュースになったらしく、日本のテレビ番組でもその様子が取り上げられたようです。そんな感じの、戦争の大局には全く関係ないが、それでも戦争が生んだちょっと奇妙な物語。尚、箱根で過ごしたドイツ兵のうち1名だけ、メチルアルコールの摂取により命を落とした水兵がおり、そのお墓は今も箱根の集落にひっそりと存在しているとのこと。箱根にいったら尋ねてみたい気もする。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2015-02-25 22:22
2015年 02月 18日

読書

d0139736_23531716.jpg

ワラン・ヒヤ/石田甚太郎

先日読んだ「殺した殺された」は本作の続編であり、こちらが先になるのだが「殺した殺された」を読むまで知らなかったので後になったがこちらも。著者は1年間フィリピンに滞在し、ゲリラ討伐のための虐殺を体験した戦争被害者へ次々と会いに行き証言を集めていく。「ワラン・ヒヤ」とはタガログ語で「恥知らず」、フィリピンで最も相手を軽蔑し罵倒する意味の言葉だとのこと。ルソン島を中心に大規模なゲリラ討伐が実施されるようになったのは戦争末期だが、ゲリラ討伐自体は日本軍占領当初から行われていたことがわかる。アメリカ極東軍が降伏しそこに参加していたフィリピン人将兵がゲリラ化したり、フィリピン共産党配下のフクバラハップが1942年に結成されゲリラ活動を開始、一般住民も徐々に日本軍の横暴に耐えかねてゲリラに協力的になってゆき、1945年に入ると日本軍は実質的にフィリピン人の全住民を敵に回していたとも言われている。本書では各地の戦争被害者へ次から次へとインタビューしてゆくのだが、証言者の証言内容は往々にして類似したもので、日本軍はゲリラ容疑のあるものを凄惨な拷問にかけ殺してゆき、大抵の人が家族を複数殺されている。本編通して全て人が殺されていく話しなので読み進めると段々気が滅入ってくる・・・。レイテ沖海戦に破れ完全に制海権を失った日本軍は武器や弾薬などの物資の補給もままならない中でゲリラとの戦いで疲弊してゆくのだが、それにしてもこのゲリラ討伐は幾らなんでも狂気だ。ゲリラを殺すのは戦争だから仕方ない、でもなぜ子供や赤ん坊まで殺したんだ、と問う住民。殺す方も最早一体なんのためか、わかっていなかったのではないだろうか。ルソン島で終戦を迎えマニラで捕虜となった作家の山本七平はその著作の中で、終戦直後の日本軍に対するフィリピン人から、殺されそうなほどの異常な殺気を感じている記述があるが、本当に殺されなかっただけマシと言わざるを得ない(実際はアメリカ軍が復讐を禁じていたため、どんなに憎くても手出しができなかった)。以前にNHKでやっていたルソン島のドキュメンタリーで、ゲリラ討伐に関わった部隊の元日本兵が「地獄の話を生きているうちにしてはいけない」と言い、絶対に答えられない事があると証言していた。日本軍は主に銃剣でフィリピン人を突き殺していくのだが、銃や爆弾と違い直に殺す感触が伝わる銃剣や「サムライ」での斬首を次から次へと行う日本兵の顔は、現地人から見たらさぞかし悪鬼の如しだったと思う。あるフィリピン人は戦後何十年も立ってから日本の平和団体の招きにより日本国内で戦争被害の講演を行う。その時に、当時の日本兵がフィリピンでの加害行為について講演を行っていた。過去の過ちと惨劇を繰り返さないための平和的な講演会だが、それを聞いたフィリピン人は怒りの余り控え室で号泣してしまう。いま、多くの日本人がフィリピンでの出来事についてほとんど知らない事を、当事者たちはどう思うだろう。ましてやこの蛮行を、意図的に無かった事にしようとする者がもしいるなら、それこそ「恥知らず」だ。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2015-02-18 01:09
2015年 02月 12日

読書

d0139736_9423594.jpg

ソ連が満洲に侵攻した夏 / 半藤一利

1945年8月9日、長崎に二発目の原爆が落とされた事であまりに有名なこの日、太平洋戦争でもうひとつの重大な局面、ソ連の対日参戦が行われた。本書は、ソ連の参戦を満州への侵攻に焦点を当て解説した本。毎年夏になると原爆や終戦が話題になるのは常だが、どういうわけかソ連の対日参戦が話題になることは極めて少ない。一連の歴史の流れを具体的に掴むために手に取った本書を読んで感じた事は、日本の時流を見極めるための国際感覚の圧倒的な欠如と、犯罪集団に等しいとさえ思えてしまうソ連軍/スターリンの非道さだ。ヤルタ会談で対日参戦の決意を表明した独裁者スターリンは、戦況の悪化した南方戦線に兵力を引き抜かれていく関東軍の戦力が圧倒的に弱まり、しかし戦勝の果実にありつけるタイミングを狡猾に逃さず、満州侵攻の準備を着々と進めて来た。しかし日本はそんなソ連の野望も知らず、はたまた心のどこかで思ってはいたが、最悪の事態はこんなに早く起こる筈はないと言い聞かせ、当のソ連に対して戦争終結の仲介までをも依頼する。ハルノートで中国利権の放棄を迫られ対米戦を決意した筈の日本は、戦況の悪化によりソ連の仲介条件の中では中国利権放棄も自ら取り上げている。そんな空疎な努力の甲斐も無く、ソ連は圧倒的な兵力を持って満州に侵攻。「永久要塞」と謳われた満州防衛の要、虎頭要塞は8月15日の玉音放送後も絶望的な戦闘を続け二週間後に陥落。満州全土へ侵攻したソ連軍や日本の敗戦により匪賊となった現地満州人などによって日本人居留民は蹂躙され、満州の日本の財物は「戦利品」としてソ連へ撤収、50万人を超える日本人が労働力としてシベリアへ抑留されていく。とりわけ辺境の居留民たちが遭遇した苦難は悲惨だ。それにしても軍隊による一般市民への暴行や略奪というものは戦争には常に付きまとうが、例えばその手の話には事欠かない旧日本軍でも、本来そういった行為は憲兵により取り締まられる違法行為であり、勿論大本営が容認しているわけもないが、ソ連兵によるそれは兵士への「報酬」としてスターリンも容認していたという話は、本当に腹立たしい限りだ(勿論本来はソ連でも違法なのだろうが・・・)。そしてソ連軍も非道だが、その創設以来、戦争の負け方を知らないままに来た日本軍がこの悲劇をいっそう大きなものにしている。都市部からの一般市民の退避はままならず政府/軍人の家族が優先的に避難し、辺境の居留民についてはソ連の侵攻すら彼らに満足に知らせる術を持たなかった。武装解除により無力となった関東軍は、これら居留民の保護に対し有効な力を持つことは出来なかった。満州国は確かに日本の野心が他国の領土を侵略し作り上げた傀儡国家だが、この地に骨を埋める覚悟で日本から渡り、現地人と一緒に汗と泥にまみれ働き続けて来た開拓団の人間がその代償を払う事になるのは、何から何まで悲しい話だと思う。大日本帝国の黄昏は、こうして悲劇の中に暮れていった。それぞれ各地の日本軍を武装解除するために、朝鮮やベトナムに駐留した米ソの軍隊は、この後さらなる火種を呼ぶことになる。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2015-02-12 09:31