例によって目が覚めた夜明けの晩

urbanwaste.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 04日

読書

d0139736_19323543.jpg

日本本土決戦 -昭和20年11月、米軍皇土へ侵攻す- / 檜山良昭

誰が言ったかわからないが「歴史にifはない」、ということで基本的に架空戦記という物にはそれほど興味がないわけなんだけど、なんとなく気になるifもあるわけで。本書は、もし太平洋戦争で原爆の開発が1年遅れ日本本土決戦になっていたら、という設定の元に話が進む小説。結論から言うと凄まじい犠牲を生むわけで、読者は、あ~本土決戦がなくてよかった、と思うだろうが、そうなると「原爆の投下が戦争終結を早めた」という、アメリカの原爆投下は正しかった理論に与することになってしまうのが日本人としてはジレンマを感じるところ。しかし歴史というものは様々な意味や要素を持つ出来ごとの積み重ねなわけで、ある一面からだけ見ると凄くイデオロギッシュに見えてしまうのが常。原爆の投下が結果として日本の降伏を早めたのはひとつの事実ではあるが、非戦闘員を無差別に殺戮した原爆投下は人類史上に残る戦争犯罪である側面も同時に持っているということは忘れないようにしたいですね。話が逸れたけど本題。原爆が投下されなくても45年に入ってから最早日本の敗北は必至の情勢で、政治家は連合軍に対する降伏を模索するんだけど、陸軍による講和派の要人暗殺とクーデーターが発生、天皇は事実上の軟禁状態に置かれ、無条件降伏ではなく少しでも有利な講和条件を引き出すために徹底抗戦。そこに脱走兵の話やら、天皇を誘拐して独自に講和を引き出そうとする日系人部隊の話やらが絡んでくる。そして戦闘は荒唐無稽な戦争物語ではなく、それぞれ本土決戦を想定していたアメリカ名「ダウンフォール作戦」、日本名「決号作戦」に沿って書かれていく(実際にはアメリカの九州上陸の「オリンピック作戦」と関東侵攻の「コロネット作戦」を総称してダウンフォール作戦と呼ぶようだが、本書では天皇誘拐作戦をダウンフォール作戦と呼称している)。さて、日本の決号作戦はというと、とにかく特攻、特攻、また特攻。敵が洋上にいれば船や航空機で特攻、上陸して来たならば軍民問わず火炎瓶や手榴弾、果ては爆弾を背負って特攻。女性や子ども関係なく、国民学校の先生は児童を率いて米兵の戦車に向かって特攻。とにかくこれでもかというくらいに人が死に、都市という都市は空襲で焼け野原になっていく悲惨の一言。これが実際に考えられていた作戦だと思うと寒気がするわけだけど、似たような事が行われたのが沖縄戦なわけで。日本国民が何十万人死のうと陸軍の偉い人は興味を示さず、米軍に与えた損害報告に満足そうに耳を傾ける・・・敵に一撃大きな打撃を与えて有利な条件で講和に持ち込むというのはこの小説に限った話でなく、実際の戦争も陸軍のメンツのために無駄に長引いた側面がある。神風特攻隊は家族や故郷を守るために死んでいったんだ、というのは本人達はそう思っていたかもしれないが実際に軍の考えていたことはその守るべき家族も故郷も灰燼に帰すまでの徹底抗戦。この少しでも有利な条件の講和、とは要は国体護持=天皇制という事になるんだけど、別に天皇自身がそれを望んでいたわけではなく、あくまで周りがそれにこだわり破滅に進んでいくというこの様は一体なんなのか・・・と考えるとやっぱり宗教なんですかね。比喩ではなく、国家神道。大日本帝国は表向きは信教の自由があったけど、神道は全ての宗教の上に位置する信仰すべき模範となっていた。戦前の日本はとてつもない宗教国家だったわけだ。そんなわけで破滅に向かって突き進む本土決戦は最終的には松代へ移動した大本営は天皇ともども自爆の道を選び、日本はアメリカとソ連に分割統治、一千万人が戦死しさらに国土の荒廃により500万人が餓死する試算のなか終戦。そう、歴史にifはないのだが、何かが違えば北海道は北朝鮮のようになり、日本も未だ発展途上国のひとつだったかもしれない。本土決戦がなくて本当によかった。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2015-02-04 19:33
2015年 01月 25日

読書

d0139736_5402635.jpg

殺した殺された / 石田甚太郎

太平洋戦争中、日本に占領されたフィリピンで行われた日本軍による虐殺について、被害者であるフィリピン人と、加害者である元日本兵の双方の証言を纏めた著作。戦争中のフィリピンでの出来事についてはフィリピンが舞台の本や戦犯裁判の本などで断片的に認識していたが、当時のフィリピンで何が起こったのか、教科書にも載ってないしwebにもあまり情報がないので、日本人の大部分は詳しくは知らないのではないだろうか。当事者の生々しい証言を読むに事より、より具体的な状況が浮かんでくる。アメリカの植民地であったフィリピンは太平洋戦争が始まる以前に既に将来の独立が約束されており、日本軍侵攻当初は「大東亜共栄圏」を掲げる日本に対してフィリピンの人は様子を見ていた面もあったようだが、皇民化教育の押し付けやビンタなどの体罰の横行、そして食料は現地自活である日本軍による半ば強制的な徴発などにより日本軍への反発は強まりゲリラ活動が活発化していく。戦争終盤に劣勢となった日本軍は米軍がルソン島に上陸すると米軍とゲリラ双方を相手にしなければならない状況を恐れ、本格的な「ゲリラ討伐」を行うが、その方法はゲリラではない人間も含む無差別な現地住民の虐殺だった。中国の南京でも日本軍は住民にまぎれた敗残兵の掃討のためにほとんど無差別に成人男子を殺害しこれが南京大虐殺に繋がっていくのだが、フィリピンでは成人男子ばかりでなく老人、女性、赤ん坊を含む子供までまさに皆殺しだった。一体なぜ赤ん坊まで殺す必要があるのか全く理解できないが、加害者である元日本兵たちは虐殺について往々にして「命令だから仕方なかった」「負け戦でみんな狂っていた」というような証言をしている。平和な時代に生まれ育ち戦争を知らない自分が彼らを簡単に非難することは出来ないし、その状況になればそうするしか選択肢はなかったのかもしれないが、後ろめたい気持ちを抱えながらも自己保身的な発言を繰り返す様には釈然としないものがある。しかし狂気の戦場から平和な日常へ戻り、心のバランスを保ち生きて行くにはそうやって過去を忘れたりある意味開き直ることしか出来ないのかもしれないと思ったりもする。次から次へと銃剣で突き刺しては井戸へ投げ込み最後は銃剣で刺すのも止めそのまま井戸へ投げ込んで、井戸の中で生き残りがいれば石を落とす・・・という虐殺の様子は戦慄する。終戦直後、捕虜となった日本軍に現地住民は石を投げ付け罵り、敗残兵をリンチして殺すような事もあるぐらい憎悪していたようだが、これでは恨まれるのも無理はない。一方、被害者であるフィリピン人は、勿論日本人に対し怒り虐殺のことは忘れられないと皆言っているのだが、謝罪に来れば今は許すという人が意外なほど多い。カトリックが多く、宗教的な「赦し」の教えに根ざした考えや、また国民性ということもあるのだろうか。同時に、謝罪をするなら補償をしてほしいという発言も多く、日本が行った戦後補償は実際の戦争被害者個人には1ペソも渡っていない事が述べられている。山下大将を始めフィリピンで戦犯となり死刑となった日本人は数十名。虐殺した人数からするとフィリピン人からは到底納得のいかないものだったと思われるが、元日本兵の中にはこの戦犯裁判をいい加減ででたらめなものだと証言する人もいた。実際、BC級戦犯の裁判は欠陥だらけで、無実の罪を着せられた人もいた事は事実だろうが、それを聞いたあるフィリピン人はこう証言している。「マニラで、カランバで、サンパブロやリパの虐殺で、無実の男たちや女や子どもたちを大量に殺す前に、調査をしたのかい?それとも、裁判にかけたのかい?それこそフィリピン人なら誰でも無差別に殺しておきながら、よくもそんな寝言を言うね。」
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2015-01-25 05:39
2014年 12月 12日

選挙

日曜は選挙。

普通に生活してても、景気が良くなったとは感じられないし、っていうか数字で悪くなってる事が出てるし、円安も凄いことになってるし、それなのに消費税は上がるし、消費税と社会保障がバーターのように思わされている感もある。それだけでも、与党を支持できないのに、未だ原発推進、解釈改憲による集団的自衛権の行使、そして特定秘密保護法の施行などなどが、安倍政権のやってること。隣国への憎悪を煽る
ヘイトスピーチや、旧日本軍の悪行を無かったことにしようとする歴史修正主義者が、大手を振るいだしたのも安倍政権下。首相のFacebookを覗いてみると、コメント欄にはヘイトスピーチが渦巻いているし、自民党議員の多くが、戦前・戦中の日本のイデオロギーを肯定するカルト宗教右翼・日本会議に参加してる。そしてこういう連中が、憲法を変えることを目指しているとなると、どうやら取り戻したい日本とは、大日本帝国のことなんじゃないかしら?初めてハードコアパンクのライブに行ったのは17歳の高校生の頃だったけど、20年経ったいま、その手垢のついた反戦/反核/反人種差別なんかのメッセージが、昔より一層リアルに響いてくる気がする今日この頃。

自民党に入れる層は、ある程度固定されているので、投票率が下がれば下がるほど、与党に有利になっていく。自民は支持してないけど、他に特に入れたい政党もないし、、、という理由で選挙に行かなければ、間接的に自民党に協力したことになる。私の好きなインターネッツでよく見かける、「ナチスの台頭を招いたのは、積極的に支持した何割かの人間ではなく、それよりも多くの無関心な人たちだった」というような言葉が、どうも身近に思えてきた。

自民優勢は変わらないけど、自民の議席を減らすために、小選挙区は少しでも自民党に勝てる可能性がある候補者へ、比例代表は、今のところ唯一、庶民の目線になって本当に自分達の味方になってくれそうな政策を掲げ、自民党に対する強力な歯止めとなる、共産党へ入れようかと思います。

それぞれがそれぞれの考えで投票すればいいけど、まぁ自分はこんな感じで。小学生の頃、選挙の時に親に、「誰に入れたの?」って聞いても教えてくれなかったのはなんでなんすかね。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2014-12-12 20:32
2014年 11月 14日

読書

d0139736_42899.jpg

外交官の一生 / 石射 猪太郎

最近読んだ本。戦前/戦中を日本の外交官として過ごした著者の回想録。主に1910年代から終戦まで様々な国へ赴任時の話が書かれており、激動の時代において歴史の授業で習うような出来事が時系列で登場し、その時々の心情や現地での詳細な状況などを読むにつれ、今まで「知識」として認識していた歴史上の出来事を、あたかも同時代を軽く追体験できるような感覚があって新鮮だった。特に盧溝橋事件以降、軍部の方針に抵抗しなんとか戦争拡大阻止のために奔走する様子は切迫感がある。しかし、遂には日中全面戦争に至り、後、南京事件の報に「これが聖戦と呼ばれ、皇軍と呼ばれるものの姿」と嘆くことになる。著者はこの時代において平和志向で外交官らしく国際的な視野で大局を見ており、ファッショ/右翼の跋扈や、軍の好戦的な態度に度々嫌悪感を示している。満州事変では自分が満州国建設に協力したことは溥儀の就任式に出席したことだけだ、と回想し、太平洋戦争半ばにおいては外国の短波放送を知れる立場におき、戦争継続は不可能と早々に予想している。国民が戦争に浮かれる様も苦々しく感じており、当時でも著者のような理性的/客観的な人物も決して少数ではなかったと思われるが、徐々に狂気の軍事国家と化した大日本帝国は、結局は国家滅亡の一歩手前まで戦争を止めることが出来なかったことに空恐ろしさを感じる。他に読んで感じたことは、戦前というと現在とは断絶したまるで別世界のように感じるかもしれないが、100年近く前でも様々な国に領事館を置き各国に邦人居留民が存在しており、日本はとっくに近代的な国際社会だったんだなぁと。明治からが近代と考えるとまあ当たり前なんだけど、やはり歴史の教科書だけでは実感としてはなかなか分かりづらかったことが、外交官としての職務やその日常、現地の様子などの描写を通して伝わってくるものがあった。分厚くてなかなか読むのが大変だったけど、とても面白い。
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2014-11-14 03:59
2014年 10月 04日

近況

d0139736_10213284.jpg

子育てを擬似体験している
[PR]

# by yoakenoban_2 | 2014-10-04 10:20